メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っておきたい『災害時のメンタルケア』

ゆっくり、じっくり読んで欲しい内容です。

こちらのブログより
   ↓↓↓
【すべての方へ】災害時のメンタルケア(追記あり)


~転載~  (文字の色等、読みやすいように変えています)
3月13日午前に知り合いの臨床心理士から
とても有益な情報をいただいてこの記事を流しましたが、
この情報についての説明を「追記」として
3月14日夜に掲載したものをあらためて流します。
元の記事を各方面に転載したりメールしていただいた方も、
できればこの「追記」の部分のみでかまいませんので、
流していただけるとうれしいです。



(追記)
【災害時のメンタルケア】
は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンス®(SE)の療法家
(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり
臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり
臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。





【災害時のメンタルケア】
◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。
こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、
まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。
細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、
不安エネルギーをまき散らしているかによって、
様々なことが違ってきます。



◆2. テレビの視聴には気をつけてください。
*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。


身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、
妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、
即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる
全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、
非常に強い吸引力を持ちます
(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたように
テレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、
何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に
    必要な情報が得られれば、
     それだけでいいのです!***


トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、
繰り返されるメディア報道が人々に
もたらすネガティブなインパクトは甚大だったといいます。



◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
   避難場所、食べ物、人々が安全かどうかを
   チェックすることが優先です。




◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
   人を求めるのは、とてもとても自然なことです。


その時の自分の思いを言葉にして、
所属するコミュニティでシェアしたり、
身近な人に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、
多いです。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

特にメディアが繰り返し繰り返し流す悲惨な映像によって
距離が保てなくなり
自分が生きていることに罪悪感を感じてしまったり
全く逆に現実感を失って自分がここにいる感覚がボンヤリしてしまったり
・・・という声が私の元に次々届いております。
それで上記の文章を配信することにしたのですが、
「私の状態がそうでした!!そうだったんですね!」
という反応が今度は返ってきています。

水城先生の方でも
もしよろしければ
情報としてご使用ください。
・・・というか
是非皆さんに教えてあげてください。

自分を見失うことなく
冷静な判断ができるように。

命が守られますように・・・。
 

   
  ~転載終わり~


全くその通りだ!と思いました。

私もテレビのニュースは
必要なことしか見てないです。

取材する側も大変だと思うけど
被災された方に聞いたらアカンことを聞いてしまっているのを見ると
テレビを消してます。
専門家でも被災された方に話を聴くのはとても難しいことだと思います。


情報は web等からの文字で十分なことが多いです。
「これってどういうことやろ?」と思うときは
テレビで専門家が話していることを聴くようにしていますが、
自分に必要なことだけでいいですよね(⌒-⌒)


家族がある大人は特にだと思うのですが、
身近な人や子どもたちに不安な気持ちを
八つ当たりしてしまうことがあるので
気をつけた方がいいみたいです。

スポンサーサイト

ある母娘の会話

2,3日前、とある場所で耳にした母娘の会話...

娘さんは5歳くらい。

母『あと1週間ぐらい休み欲しいわ・・・』

娘『なんで?』

続きを読む

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

過保護と心の栄養失調

一般に言われる"過保護"とは、

子どもの欲求を先回りして叶えるとか、

構い過ぎて子どもの問題解決能力を阻む、

ようなことを言っているようなので、

それは”過干渉”になるのでは、と思いました。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

ジョハリの窓

ジョハリの窓とは

アメリカの心理学者JosepLuft(ジョセフ・ルフト)
とHarryIngham(ハリー・インガム)が発表した
円滑な対人関係のために考案されたモデルで、
2人の名前をとってジョハリの窓と呼ばれるそうです。

続きを読む

"気づかないことに気づく"

茂木健一郎さんの著書ひらめき脳

このような記述がありました。

"気づかないことに気づく"

これはどういうことなのか要約すると、

続きを読む

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。