メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛情表現ってむずかしいね。

親がしてあげたいことと、
子どもがして欲しいことは違うことがありますよね。

例えば、
2歳ぐらいの子どもが、
ご飯を自分で食べたいのに、
親が食べさせてあげても、

これは愛情ではないです。

押しつけであり、
子どもの食べたい気持ちを無視しています。

親がしてあげていても
こういう結果にもなるのですから、

愛情表現って難しいです汗


子どもがして欲しいことを親がしてあげると
子どもは「愛情」を感じることでしょう。


ということはひらめき電球

続きを読む

スポンサーサイト

生まれ持った本来の生きる力

わたしが本来のわたしを取り戻す作業で

最初に出逢ったのがエンパワメントの概念です。


クローバーエンパワメントとは


誰もが生まれながらに持っている可能性、

続きを読む

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

理想の子育てとは?

「理想の子育て」は、ズバリ言うと・・・



  ‘理想を持たないこと’



・・・・だと思います。



自分自身のことでも

理想を追い求めるとしんどいですよね。


それを他者に求めることはできないです。



子どもの習い事でもそうですよね。

アレもコレも習わせて・・・

と理想を持つ人もいるようですが、

せめて、二つぐらいまでと思いますね。

大人でも習いたいことって、そんなにないですよね。



私の知り合いのお母さんで、

子どもをどこの学校に行かせたいとか・・

理想を求めてがんばっていたけど、


子どもさんの心身の具合がわるくなって、

旦那さんと話し合い、夫婦で方針を変えたら、

とてもラクになり、

親子関係もうまくいくようになったということがありました。


このお母さんは、

「子どものことは自分がやらなきゃ!」

と思い過ぎていたところがあって、

過干渉になっていたようです。


子どもさんも小さいうちは、

お母さんの言うことを聞いていたみたいだけど、

しっかりとした意志のある子どもさんだったので、

調子がおかしくなってきたんですよね。


体にもあらわれてきたから

親にも伝わったということです。



とにかく、親となったら、

心と身体についていろいろと

勉強した方がいいと思います。



子どもを、自分自身を、苦しめることのないように。。



     byたんぽぽ





テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

なりたい私になる

例えば、

誰かの何気ない心遣いや優しさに触れて

心地よさを感じたとき、

“ 私もこうありたいなぁ・・ ”と

“ こんな人になりたい ”

という気持ちを感じたことってありませんか?



この“ 人 ”の部分に、私の場合ですと

“ 女性 ”や“ 母 ”という言葉をあてはめて

◆こんな女性になりたい

◆こんな母でありたい

と表現すると、私はなんだか窮屈に感じるんですね。

たしかに社会的属性は女性あり母であるのですが

・・どうも、ピンと来ないんです。


それはなぜかと考えてみると、

私が私らしくあれば、

私らしい女性であり、 私らしい母ですよね。

女性らしい私や、母親らしい私ではありません。

同じような表現も、言い方次第でこんなに変わります。


あるがまま、そのままの私。

それが大事ですよね。


女性や母は私の“ 一部分 ”でしかないので、

それらを使うと、選択肢を限定されたように、

自由を奪われたように感じるんでしょうね。


なので私はやはり、

こんな“ 人 ”になりたい

・・がしっくりきます。


一見同じような表現も、繊細に扱うことで

価値観や思考の変化に役立つこともあるんだな、

と思うことのひとつです。



そしてここからが本題なのですが、

その私がなりたい“ こんな人 ”というのは、

自分が生まれたとき、すでに持っていた可能性、

生きる力、資質、その原点に戻ることだと思います。



生きてきた中で奪われたり傷ついたりのさまざまな

経験で幾重にもくるまれ、覆いかぶされたものを

丁寧に少しずつ取り除いたとき、

その中心にしっかりと存在している

“ 自分自身 ”なんだと思います。



“ なりたい私になる ”ことは

“ 私に戻る ”ことかもしれませんね。



誰もが生まれながらに持っている、

素晴らしい生きる力を取り戻すこと、

安心・自信・自由を取り戻すことが

本来の、なりたい私になるということ。


外部から探してきて身に付けるのではなく、

自分自身の中にすでにあるもの。


それに気づいて育んでいく。


そういうことなんだな、と思います。


      byひまわり


テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

良い母にならなくてもいい

私はこのことに気づいてから、

とても気持ちがラクになりました。

肩の力がスーッと抜けていくような・・

“良妻賢母”“母親らしく”

よく使われますが、実体のない表現ですよね。



お世話になった専門家の方が言われた言葉に

「自分は自分以上でも以下でもない」

というものがありました。そして、

「自分以外の誰かになろうとしなくていい」

ともおっしゃいました。



“ 良妻賢母 ”や“ 母親らしい母 ”というのは、

世間一般というこれもまた実体のないもの

がつくり上げたイメージであって、

“ 自分自身 ”ではありません。

しかもその“ 世間一般のイメージ ”というものは

「特定の誰かが得をするための便利なもの」

「個人を狭い枠に嵌めようとするもの」かもしれません。

常に完璧を求められる、あるいは誰かの期待に応える、

なんて、想像するだけでドッと疲れてしまう。

私はそんなふうに思っています。



こんなHPがあります。

ノーバディーズ パーフェクト / 完璧な親なんていない

タイトルのとおり、完璧な人間なんていないように、

完璧な親なんていないし、無理しなくていいんですよね。

母親だって疲れていたり、気持ちに余裕がなかったり、

日によっていろいろと気分も違いますよね。

なんだか調子が良くない日まで、

“ 母親らしい ”“ 良妻賢母 ”

の仮面を被ってニコニコ優しくしているなんて・・

余計にストレスが溜まりますよね。



「そんな時もあっていい」

「まぁ、そんな時もある」



そんなふうに調子の良くない自分もOKにして

子どもに優しくできなかったときは、

少し冷静になってから

「ちょっと言い過ぎたな」

「言い方がキツかったな」と

気づいたら謝ればいい ”そうです。

「さっきはお母さん言い過ぎたね。ごめんね。」

それだけで、子どもは安心するそうです。



誰だって失敗はありますよね。

自分の失敗にOKを出せる人は、

人の失敗にもOKを出せます。

寛容になれるんですね。

子どもの失敗にもイライラしなくて済みます。



謝ってもらえない子ども、

失敗を常に責められる子どもは、辛く寂しいです。

私がそうでした。



良い母や良妻賢母になろうとすることは、

“ 自分を自分以上に良く見せようとする ”

ことにも繋がります。

でも、やはりそういうのは続かないです。

自分を追いつめることになりますから・・

子どもにとっても良くないですよね。


無理せず焦らず、自分のペースで。

それには自分自身について、よく知ることも必要ですね。

良い母にならなくてもいいんです。

自分のままでいいんです。

それが、子どもの幸せにも繋がる。

私はそう思っています。


      byひまわり



テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。