メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責めずに活かす

いよいよあと1日と少しで年が明けますね。

うちは例年どおり、特に何もしないお正月です。

ゴロゴロしながら休みたいと思います^^

さて、この記事の続きです。

自分を責める考え方のクセは、

子どもへの関わりにおいても影響します。

例えば、子どもがアクシデントを起こしたとき

「だから言ったでしょう」

「何度言ったらわかるの」

「どうしてできないの?」

・・なんていうセリフです。

これは相手を責めてますよね。


自分の気持ちに余裕がないとき、

イライラしているときには

なかなか人に優しくできないように、

アクシデントが起きたとき、失敗したとき、

自分にOKを出さずに責めてしまう人は

他者にもそうなるんだそうです。

そうすると、

子どもまで自分を責めるようになってしまいます。

「なんでぼくは(私は)いつもこうなんだろう」

「どうせ私は(ぼくは)できないから・・」

自分に自信を持てなくなってしまいますよね。

なので、もし自分を責めそうになったら、

「おっと、方向変換・・」

「まぁ、いっか・・」と、

失敗は「次回に活かすための経験」

として大切に扱いましょう。

これだけでも、ずいぶん気がラクになりますよ^^



スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

自分を大切にすることって?

私は、自分を大切にすることより、

他者を大切にした方がいいとずっと思っていました。


自分より他者を優先させることです。


でも、私が『自己尊重の講座』を初めて受けたときに、

「エ~ッ!そうなん?」

「そうやったんやー!」と、

自己尊重することの大切さを知りました。


まずは、自分の気持ちを優先させることを

意識して考えるようにして、練習しました。


これは、我がままを通すと言う意味でも、

自己中心的にするという意味でもないんですよ。



「自分の気持ちは表現してもいいんだよ。」

「イヤと言ってもいいんだよ。」


という意味ですね。


「イヤなのに、

 人の言うことばかり聞かなくてもいいんだよ」


これが自分を大切にするということに繋がるんです。



妻・母親・女などの役割を

果たさなくてもいいということです。


こういったものは、

呼び方がそうであるだけで、

自分のできないことまで、

頑張ってやろうと思わなくていいんだよ。

ということですね。


でも、これが、

頑張り過ぎてしまうことがあるんですよね。


がんばり過ぎている自分に気づくと、

自分でコントロールもできるようになるのですが、


気づかないでいると、

身近にいる大切な人に八つ当たりしてしまうんです。


四六時中、一緒にいる子どもに当たってしまうと、

「子どもがわるい」とまで思ってしまうんです。


でも、子どもはわるくないんですよね。


『自分を大切にすること』

大事ですよね。ここからすべてが始まるようにまで思います。


  by たんぽぽ

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

自分らしい育児って?

そもそも「自分らしく」ってどんなふうに?

・・って思うことありませんか?

私は過去そんなふうに思いました。

言葉にすると簡単だけど、

いざやってみようと思っても、

何をどうしたらいいのかな・・?というふうに。


そこで、まず私が専門家の方に教わったのが、

「自分を責めないこと」でした。

失敗することって日々ありますよね。

思うようにいかなかったことなど。

そんな時に、

「やっぱり私ってダメだな」

「どうしてこうなんだろう」

「もっとちゃんとしなくちゃ」

・・なんて思ってしまうことありませんか?

これが「自分を責めること」なんですよね。


「自分らしく、ありのままに」というのは、

「どんな自分も自分」なので、

どんな自分にも「OKをだす」ことなんです。


「ダメだな」と思ったり、

「なんで私はこうなの?」

と事あるごとに思ってしまうと、

そんなふうに印象づけられた自分を

なかなか好きにはなれないですよね。

自己“嫌悪”に陥ったりします。



こうした自分を責める考え方は、

クセになってることが多いようです。

思考のクセなんですね。


なので、そんな時は、

ちょっと思考の方向変換をして、

「まぁ、いいか。こんな時もある^^」

・・というふうに、

“失敗した自分にOKを出す”といいそうです。


これは子どもとの関わりにも密接に関係するんですね。

次はそのことについても書いてみたいと思います。


         byひまわり

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

はじめまして^^ひまわりです。

私は、機能不全家庭で育った子どもだったので、

子どもとの“適切な関わり”について

全く知らなかったまま母になりました。

・・というか、知らなかったことも

知らなかったです(^^;

今思えば当たり前なんですけど、

“子どもが思う通りにしてくれないこと”

でイライラが募り、「このままではいけない!」

と思って、いろんな育児セミナーやワークショップ、

心理学講座などで勉強しました。

そうすると、

「ああ、そうだったのか!」

「知らなかった~~!」

・・なことばかり。

本当にビックリしました。

頭ではわかっていても

感情がついていかないことも多々ありましたが、

ひとつづつ目標を立てて練習しながら、

疲れたら休憩、を繰り返すうち、

過去あんなにイライラしていたことも、

すっかり許容範囲に収まり、

子どもに対する目線が全く変化しました。

もちろん、平坦な道のりではありませんでしたが、

子どもと一緒に、(子どもの後を追って、かな?)

自分も成長していること感じてとてもうれしく思っています。

どのように変化したのか?

イライラをおさめるには?

そんなことをいろいろと書いてみたいと思っています。

テーマ: 育児サークル・ママサークル・子育てサークル
ジャンル: 育児

初めまして♪たんぽぽです。

これから、このブログから大切なことを発信していきます。

私は、子育てを通じて、

「自分を大切にしないと、子どもを大切にできないんだ」と、知ることができました。

すべての子どもたちに、安心・自信・自由を感じて欲しいと願っています。

「子育てってどうしたらいいのだろう?」と思いますよね。

対処法なども書いていきたいと思います。

はじめまして

Peace of mind のブログへようこそ。

私たちは“子どもの気持ち”を大切にしたいと思っています。

子どもたちに

“ありのままのあなたでいいんだよ”

という言葉を伝えたいと思っています。

そのために

まずは“自分の気持ち”を大切にします。

ありのままの自分を肯定し

自分らしさを活かした育児で

子どもと一緒に成長していきたい。

そんなふうに思っています。


どうぞよろしくお願いします。

   by ひまわり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。