メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月31日は何の日でしょう?

5月31日は、世界禁煙デーです。

《5月31日~6月6日は禁煙週間》

受動喫煙を防ぎましょう!

受動喫煙・・・
部屋の中や車の中などで、他人のタバコの煙を吸わされることです。

タバコの煙は、喫煙者が直接吸い込む煙(主流煙)より、
タバコの先から出る煙(副流煙)の方が有害です。


★主流煙を 1 とすると、副流煙は・・・

●ニコチン   2.8倍

●タール      3.4倍

●一酸化炭素   4.7倍



★受動喫煙による子どもへの影響

●気管支炎喘息   1.43~1.46倍

●中耳炎  1.19~1.58倍

●乳幼児突然死症候群  4.7倍



受動喫煙は、子どもたちの発育にも重大な影響を及ぼします。

子どもたちにタバコの煙を吸わせない環境をつくることは大人の役目です。



スポンサーサイト

勉強をする子どもの育て方。

『熱心に勉強をしたり、やる気はどこから育つのか?』

ということを「子育て協会」というところが、

小学5年生・中学2年生、800人からのアンケートをとって調べた

データがあります。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

質問は・・・、
「父と遊んだか」「母にほめられたか」「どんな遊びが好きか」
「友達がたくさんいたか」「どんな本を読んだか」など。 


「就学前、母とよく遊んだか」の問いに

「熱心に勉強するか」という質問の回答をクロスすると

「熱心に勉強する」と答えた小学生の75%、

中学生の50%の子が「母と遊んだ」と回答。

一方、勉強の時「気が散る」と答えた中学生の70%が、

「幼児期に母と遊んでもらえなかった」と答えています。


サイト/ 『子育て協会 MIND 子どもの心を育てるためにより』

このページの‘勉強に意欲を持てる子’より

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


なるほど、やはりこういうところにも、

関係してくるのかと思いました。


子どもは、受容されて、信頼関係ができ、

なんでもそこから始まるのですね。


まさに、
「安心・自信・自由」が必要なわけです。


「ダメ、ダメ」と叱ってばかりだったり、、

愛情だと思っていたことが、子どもを支配していたり‥。


「このおもちゃを片付けないと、おやつはナシよ!」

「早くこっちに来ないと、オバケがくるわよ。」‥と、

条件付きの働きかけをすることがとよくないのは、

これだと全然子どもと関わってないからですよね。


また、「自主性が育たない」と言って、

子どもの面倒を見ずに、任せっきりだったり‥とか。

自主性は、やりたいことの中で育つから、

親の都合で子どもにお願いしていることの中からは、

育たないですよね。



小学校からでも塾に通う子どもが多いですが、

今は、「勉強ができる子」よりも、

『勉強が好きな子』へと導く方が良いと聞きます。


自分のわからないことや、知りたいことを、

誰かに聞いたり、本で調べたりする‘やる気’は、

普段の生活の、親子の関わり方からきていたようですね。


成績がよいかどうかは、遺伝もあるだろうけど、

環境が影響することは、

大きな違いとなっていくのでしょうね。


      by たんぽぽ





過干渉になっていませんか?

「私は子どものことを可愛がっている」と思っていたら、

大間違いなことがあるのです。


世間に対して、恥ずかしくない子どもにしようと思って、

何でもかんでも親が決定し、

礼儀正しく、勉強もできて、習いごともして、

お友達もたくさん作って‥と、

いかにも子どものことを思っているかのように、

厳しく子どもをしつけていると、

子どもが‥とんでもないことになります。


可愛がっているのではなくて、

過干渉になって支配していることになっているんですよね。


そうすると、人(子ども)と接しているのではなく、

物を取り扱っているようになってしまうので、

‘気持ち’なんて無視に近い状態です。


子どもにとったら、気持ちを無視されて、

粘土で作品を作られているかのようになるんです。

怖いですよね。



親自身に不安が高かったり、

何か解決していないものを持っていると、

こんな子育てをしてしまうことがあります。


そして、いつか子どもがSOSを出してきます。

病気になるか、問題行動を起こすか、犯罪とまでなるか。。。


SOSを出しているのに、

気づいてあげないとSOSになりません。


気づけたなら、

親もSOSを出してもいいのですよ。

貴女はわるくないですから。

人に話してみることが大切です。


誰か助けてくれる人がいます。

見つかるまで探すといいのです。必ずいますから。


相談機関は調べてみるとたくさんあるんですよ。

市役所へ問い合わせてみてもいいし、児童相談所でも‥

たくさんあります。


どこに相談したらいいのかわからない場合は、

私たちに相談メールを送ってきて下さい。



私もいろんな子どもたちを見てきていますが、

窮屈さを感じている子どもさんはアンテナに引っかかってきます。


何でも親が決めて、

自由に動けないから、窮屈なんですよね。



子どものことが気になって、

子どもの気持ちを聞かずに何でも親が決めてしまう方は、

「過干渉」になっていることが多いようです。



気をつけてくださいね。



  by たんぽぽ


信じないでね「3歳児神話」^^

子どもが2歳、3歳、となって、

言葉も増えるようになる頃には、

どんどん、大人が困ることをしてくれますよね。


「そろそろ‘しつけ’もちゃんとしておかないと‥」


と、思うかもしれませんが、

教えてもできるものではありません(^_^;)



何回言っても言うことをきいてくれなくて当然です。

なので、3歳までにしなくていいのです(*^_^*)


「3歳児神話」で言われているようなことは、

しなくて大丈夫なんです。


言うことを聞かないのは、

子どもの我がままでもなんでもなくて、

発達上のことで、

ビシッ!と聞くような子どもの方が心配してあげた方がいいのです。



そんなことより、

してあげるといいことは・・・、


肯定的な言葉かけや、スキンシップです♪


子ども自身が受け入れられ、愛情を感じとれるようなことを

してあげる方がどんなに効果的か^^


何を言ってるのかわからない言葉でも、

同じように繰り返してあげたり、


子どもがしたことに対して、

「可愛いね~♪」「うれしいな♪」

「ありがとう♪」「大好き♪」

などという言葉をたくさんかけてあげたり、


こんなことに重点をおく方が、

どんなに大切かと思います。



mixiに、

「奈良ママ☆子どものしつけQ&A」

というコミュを作りました。


どうしたらいいかわからないことがあったら、

質問や相談をして下さい。

本当に必要なことをお伝えしたいと思います。



こちらのメールフォームからでも、ご相談はお聞きしますので、

ひとりで悩まずに、安心してお話して下さいね(*^_^*)




     by たんぽぽ


『子育てに苦しさを感じている親御さんへ?』

【MY TREE ペアレンツ・プログラム】

大阪の富田林市に引き続き、大阪・高槻市でも行われるので、

その詳細もお知らせさせて頂きます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2007年度参加者募集中
【子育てに苦しさを感じている親のための
  MY TREE ペアレンツ・プログラム】

 

「子育てにしんどさを感じている」
「気がつけば子どもをたたいている」
「子どもを無視してしまう」
「このままではどうなってしまうのかととても不安」

そんなあなたを大切にするプログラムです。
少人数での語り合いを中心とした支え合いのグループです。
参加者の秘密は厳守されます。
安心してご参加して下さい。お待ちしています。


午後からです。
★日時・内容 (月曜日 午後1時30分~4時)全14回+同窓会
     ―――――――――――――――――――――――――――――――――
【日時 】        【プログラムの内容】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.2007年 6/25(月)   安心な出会いの場
2.     7/2(月)    わたしの木
3.     7/9(月)     わたしのエンパワメント
4.      7/23(月)   親と子のエンパワメント
5.      7/30(月)     気持ちを聴く
6.      8/6(月)   気持ちを語る
7.      8/20(月)   体罰の6つの問題
8.      8/27(月)   感情のコントロール 
9.      9/3(月)   〈中間面接〉
10     9/10(月)   やってみよう子育ての新しいアイデア
11.     10/1(月)   自己肯定感・否定的ひとりごとの掃除
12.     10/15(月)   自分をほめる、子どもをほめる
13.     10/22(月)    母親らしさ、父親らしさ
14.     10/29(月)   MY TREE  
15      未定      同窓会

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆場所:総合市民交流センター内
    高槻市立男女共同参画センター研修室
    最寄駅・JR高槻駅 東へ徒歩1分
        阪急高槻市駅から10分

◆参加費: 無料
 
◆テキスト:「しつけと体罰」「気持ちの本」 
     (いずれも森田ゆり著、童話館)

◆保育:  無料。事前に申し込んで下さい。

◆募集人数:10名(全回参加が望ましい)

◆申し込み:電話にて受付をします。
(参加決定は面談にて行います。)

◆申し込み&問い合わせ先
 NPO法人シーン マイ・ツリー担当
 電話072-684-8584 (月~金 10時~17時)

■主催:NPO法人シーン
■高槻市教育委員会 社会教育部 青少年交流課



この「MY TREEペアレンツ プログラム」は、
森田ゆり氏によって開発され、トレーニングを受けた専門スタッフ
が実施致します。


★2007年度孤立行政法人福祉医療機構(子育て支援基金)助成事業★
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

定員が10名となっています。
参加決定は面談にて行うようなので、
このプログラムを必要とされる方は、
お電話して下さい。




必見★子育てに苦しさを感じている親御さんへ★

こんなプログラムがあるのをご存じでしょうか?
皆さんにお伝えしたいのでご紹介させて頂きます!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2007年度参加者募集中
【子育てに苦しさを感じている親のための
  MY TREE ペアレンツ・プログラム】

 

「子育てにしんどさを感じている」
「気がつけば子どもをたたいている」
「子どもを無視してしまう」
「このままではどうなってしまうのかととても不安」

そんなあなたを大切にするプログラムです。
少人数での語り合いを中心とした支え合いのグループです。
参加者の秘密は厳守されます。
安心してご参加して下さい。お待ちしています。


★日時・内容(全16回 中間個人面接と同窓会を含む)
      いずれも金曜日 午前10時~12:30分
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【日時 】        【プログラムの内容】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.2007年 6/8(金)   安心な出会いの場:目的、約束事、身体ほぐし
2.     6/15(金)   安心な出会いの場:私の木
3.     6/22(金)     わたしのエンパワメント
4.      6/29(金)   親と子のエンパワメント
5.       7/6(金)     気持ちを聴く
6.      7/13(金)   気持ちを語る
7.      7/20(金)   体罰の6つの問題
8.     7/27(金)   感情のコントロール
 
    8/3(金)   〈中間面接〉

9.     8/17(金)   やってみよう子育ての新しいアイデア
10.     8/24(金)   自己肯定感・否定的ひとりごとの掃除
11.     8/31(金)   自分をほめる、子どもをほめる
12.     9/7(金)    母親らしさ、父親らしさ
13.     9/14(金)   MY TREE
  
      12/7(金)   3ケ月後同窓会
   
  2008年 3/7(金)   6ケ月後同窓会

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆テキスト:「しつけと体罰」森田ゆり著 (童話館・1400円)
   「気持ちの本」 森田ゆり著 (童話館・1470円)
      お持ちでない方は、申し込み時にその旨申し出て下さい。

◆募集人数:10名
◆参加費: 無料
◆保育:  無料。事前申込みが必要。
◆場所:  富田林市人権文化センター(近鉄長野線「富田林」駅から徒歩5分)
◆申込方法:電話またはFAXにて下記へお申し込み下さい。
      住所、氏名、電話番号、保育の利用の有無をお伝え下さい。
      後日電話にて「木もれ陽」スタッフより連絡致します。

■申し込み・問い合わせ先■
 富田林市人権協議会 電話0721-24-3700 FAX 0721-25-5952
 定員になり次第締め切りします。


この「MY TREEペアレンツ プログラム」は、
森田ゆり氏によって開発され、トレーニングを受けた専門スタッフ
(MY TREE実践グループ・木もれ陽スタッフ)が実施致します。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

大阪の富田林で行われるのですが、
市外や、大阪府外の方も、参加できるそうです。

自分自身が、堂々と、大地に根を広げて生きて行く
木のような気持ちになれることと思います。

定員が10名となっておりますので、
このプログラムを必要とされる方は、
お早めに申し込まれることをお薦め致します。


気をつけよう!「男(女)の子なんだから‥」

「男の子なんだから、泣いたらダメよ。」

「女の子なんだから、おとなしくしなさい。」


昔は、当然のように言われていた言葉です。



今は、『ジェンダーフリーな社会に‥』と、よく聞くと思うのですが、

私も6~7年ぐらい前までは

「ジェンダーってどういう意味?」って思っていました。


 【ジェンダー=社会的・文化的につくられた性差のこと】



これが、生きにくくしていることって大きいんですよね。



なので、今では、保育士さんも、

『‘男の子らしく・女の子らしく’などの

  固定的な役割分業意識を、

 もたせるような発言をしないように!』と言われているようです。




以前、病院に行ったときにこんなことがありました。


3才ぐらいの男の子が、

子ども用のピンクのスリッパを履こうとしたときに、

その子のおばあちゃんのような方が、


「男の子は、青色のスリッパよ」と言って、

 履き替えさせました。


私は「履きたい方でいいのに。」と思いながら見ていましたが、

子どもの意思ではなくて、大人が決めつけて、

子どもに教えていくことって多いですよね。


ジェンダーの意識があると、

「男の子らしさ」「女の子らしさ」を、

社会的・文化的な影響や、

大人の都合で、子どもに押し付けてしまうことになるんですよね。



これって、子どもにとったら、やっかいなことで、

『自分らしさ』を見失ってしまいます。



百貨店のおもちゃ売り場に行っても、

「男の子のおもちゃ」「女の子のおもちゃ」と表示しているところがありますが、

女の子でもブロック遊びが好きな子だっているので、

自由に選ばせてほしいと思うんです。


脳のしくみの違いもあるかもしれないけど、

女の子も、小さいうちから、ブロックで遊んだり、

組み立てるような遊びをしていると、

才能を発揮して、職業の選択も広がるかもしれませんよね。


子どもにも自由に選べる権利はあります。


男の子の場合は、

特に‘男の子は強くなくては‥’なんて、言われ過ぎると、

プレッシャーになるのでそんな個性を持っていない場合は、

つぶれてしまいますよね。


それに、犯罪にも繋がるようです。


男性は強くなければと、思い込みの権力を作り、

認められたい、自分の存在を示したいばかりに、

暴力をふるったり、人を殺してしまう場合だってあります。


こういう性差からくる暴力は、

家庭の中にあれば、それが基本となってしまいます。


無意識に言ってる言葉や、

大人の都合で言ってしまう言葉は、

暴力を肯定する種をまいてしまっていることがあるので、

ぜ~ったいに、なくさなければなりません。



性別に関係なく、

その子らしさを大切にしてあげたいものですよね♪



   by たんぽぽ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。