メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな素敵な人になりたい♪

「安心する」ことって本当に大切なんだと思うことがありました。

今日は、「ならどっとFM」におじゃまさせてもらって、

私たちのグループ
「子育て・親育ち育児支援グループ  ピース・オブ・マインド」

の紹介をさせて頂きました。

番組を担当しているパーソナリティーの方が、

とっても安心してお話できる方だったのです(*^_^*)

本番中も、私は何の不安も心配もなく、

自分のままでお話させて頂くことができたように思います。


プロの方なので、何でも引き出してくれるし、

私が、もし言葉が出てこなくなっても、助けてもらえると思っていたので、

とても心地良い時間を過ごさせて頂くことができました♪

やっぱり、プロって凄いですね☆

たくさんの引き出しを持っていらっしゃるので、

何でも受け止めてくれる感じで、

初対面だったけど、安心しきってしまいました(^_^;)

カッコいいです! 藤田けいさん!

「安心する」って本当に大切なんですね。

安心感があると、信頼もできて、自分に自信も持てて、

自分のままでいられるんですね。


私も人に「安心してもらえるような人になりたいな」って、強く思いました。


そんな気持ちにさせてくれた藤田けいさん、ありがとうございますo(^-^)o

またお会いしてお話がしたいです(*^_^*)


by たんぽぽ


ならどっとFM
スポンサーサイト

過去の体験が自分の子育てに繋がっている。

カウンセラーさんからこんなことを聞きました。


体験したことの過去の記憶は残っているけど、

認識していないことがあり、

されたことは、行動に出てくるのだそうです。


親から拒否されたり、適切ではなかった対応の記憶は、

悲しすぎて認識していないのだけど、

行動に出てくることで、再現されるのだそうです。


この再現は、その人を苦しめるために出てくるのではなく、

逆で、受け止めるために出てきてくれて、気づかせてくれます。


その気づいたときに、

「そんなことされたかもしれない」

「されたんだ・・」

と、思うと、自分の子どもにはしなくなるのだそうです。


そうかもしれないと思ったときは、

子どもの頃の自分をよしよししてあげると、

癒されていき、連鎖はそこで終わります。


インナーチャイルドが出てくるということですね。

受け止めるためのものなので、

その人にとったらとても大事なことなんですよね。


ここを何もしなかったら、

自分の子どもに受け継がれ、辛い思いを背負っていくということです。


パソコンで言えば・・・

「こんなの邪魔だ。」‥と、ゴミ箱の中に捨てても、

ゴミ箱の中からは消えなくて、いっぱいいっぱいたまっても、

いつまでも残っているということです。


気づいたとき、「そしたらどうしたらいいのだろう?」って思い、

焦ることもあるのかもしれないですが、

鬱などのときは、

「アクセル」と「ブレーキ」が同時に踏まれているそうで、

結局は、ブレーキがかかるのだそうです。


ブレーキがかかるまで、気づけなくてもそれでもいいんだと思います。

そして、ゆっくり、ゆっくりでいいのだと思います。


転んですりむいた傷でさえ、

すぐに治らないのだから、


心のことは、

ゆっくり時間をかけて、自分を可愛がってあげた方が、

子どもの頃の自分も、きっと喜んでくれて、

癒されていくのじゃないかなって思いました。


人間って凄いですね。

自分の中の生きる力が、病気や行動となって出てきて、

生かされていくのですね。


こんなふうに思うと、自分自身が愛おしくなりますね。



      by たんぽぽ


ひとりの考えには限界がある。

「子どもに障がいがあろうと、親には養育する責任がある。

それを放棄したのは大きな考え違いです。

ひとりの考えには限界があるから、

今後はひとりで悩むより、

自分の弱みを見せて、

人の力を仮りるという生き方を考えて下さい。」



この言葉は・・・、


無理心中を図って娘を絞殺するも、

自らは死にきれずに殺人の罪に問われた被告人(母親)に対し、

裁判官が言った言葉です。



長嶺 超輝
裁判官の爆笑お言葉集 より


いくら自分の子どもでも、「親の責任」で、

自分の手で育てなければならないということはないです。


この「親の責任」というのは、

子どもを「どう育てていくか」を考えることだと思うので、

自分ひとりだけの考えには限界があるから、

人の力を借りるということを考えて欲しい
ってことです。



人って、思い詰めているときは、

自分ひとりで考え込んでいるときだと思うんです。

こんなときは、「今の現実がなくなればいいのに」って

考えることの方が多いですよね。


でも、それは、その一点しか見えていないので、

そう思ってしまう、思い違いです。


「こうのとりのゆりかご」に、1ヶ月の間に、

3人の子どもさんが預けられたという現実は、

それだけ、育てられないで困っている人が多いってことだと思います。

「無責任な親が増えた」とか‥、子育てもしたことない人が、

口先だけで言ってる場合じゃないんですよね。



相談される側は、

相談されることを迷惑だなんて思っていないので、

自分が安心できる人に相談して欲しいです。


子どもを叩いたり、言葉の暴力で、

子どもを精神的にも傷つけてしまうことは、

親が「SOS」を出しているんです。


親も、誰かに助けてもらう必要があります。


子どもに八つ当たりしていたり、罰を与えていると、

いつか、その子どもから必ず大きな罰を与えられるので、


ひとりの考えには限界があるから、

人の力を借りるという選択肢があることに、

気づいてくれることを願っています。

 
     by たんぽぽ

「知っていましたか? こんなお話‥」

子ども力×母親力―子育てホット・トーク(飛鳥新社)

早川たかしさん、明橋大二さんの著書なのですが、
お二人とも子どもの専門家です。


この著書に、とても納得することが書かれていましたので、ご紹介します。


『土台になる自己肯定感が低い日本の子ども』
‘ベースに問題を解決しなければ、何も変わらない’



そうなんです! コレなんです。

………ここから引用……


→明橋  
 いま、心配な症状や行動を見せる子どもたちを見ていると、
大前提になっているはずの「自己肯定感」がボロボロになっているんですよ。

すごく傷ついている。

そういう子どもたちに「しつけ」や「学力」を言おうとしても、
土台がボロボロな上に築いたらよけいにボロボロになる。

たとえば、キレる子どもに「きちんと机に座っていなさい」とか
「人への思いやりを考えなさい」と言っても、
自分が否定されているように感じてよけいにひどくなる。

私の図で言えば、一番土台の問題なのに、
それをこの上のレベルで解決しようとしているからです。

だから、土台をまずしっかりつくることが大切です。
それさえつくれば、それなりにルールを守れるようになるし、学力も身につくようになる。

この一番大事な自己肯定感というのが、
日本はアメリカ、中国に比べて圧倒的に低いという結果が出ている。
そこが問題なのに、安倍首相の「美しい国へ」の教育改革の青写真は、
二番目、三番目のレベルのことしか問題にしていない。
ルールを守れ、学力を上げる、このふたつです。

「美しい国へ」(文春新書)の中では日本青少年研究所の調査結果を使っています。
この中のデータを使い、ルールが守られていないとか、学力が低いとか言う。
同じ調査の中に自己肯定感が低いというデータもあるから、
安倍首相は絶対見ているはずなのだけれど、それには一切ふれていない。

それはあえて、無視したというより、その重要性がわからなかったのだと思います。
自己肯定感の重要さを安倍首相(一九五四年〔昭和二十九年〕生まれ)の年代は
知らないんです。


…………引用終わり……………

安倍首相が国会でしゃべっているのを見ていると、
自分が責められるようなことを言われたとき、
すごくムキになって言い返していますよね。

あんなコミュニケーションのやり方って、
ご近所さんではできないことですよね。

あの方が首相になって、
教育改革に力を入れてくれていることで、
この一番大切な『自己肯定感』をしっかりつくることに気づいてくれたら、
日本も捨てたものじゃないと思います。


子どもを育てていく私たち大人が、

まず、自己肯定感を取り戻すことが大切です。

土台を掘り起こしていくことで、

「自分は自分のままでよかったんだ」とい思えることができます。


鬱など、精神的なことで、辛い思いをされている方も、

ラクになれることですし、

周りに八つ当たりをしなくて済むということでは、

犯罪も少なくなることと思います。


問題は、自分自身が、生まれながらに持っていた

“自己を肯定する気持ち”だったんですよね。

これを取り戻せば、本当の意味で、

「美しい国」となることでしょうね。

と、私は思います(*^_^*)


 by たんぽぽ

森田ゆりさんの講演会が決定しました!

今秋11月8日、森田ゆりさんをお招きして

講演会を開催することが決定しました!


“生きる力” は本来誰しもが生まれながらに持っているものですが、

経験や環境などから来る抑圧により奪われていることが殆どです。


だからこその社会の現状であると思っています。


その“奪われたもの”を取り戻すための知識とスキルを

非常にわかりやすく丁寧に、そして納得のいくように

伝えてくれる方が森田ゆりさんです。


私がさまざまの気づきを得ていくきっかけになった

最初のヒントをいただいたのが

森田ゆりさんが日本に広めてくださったCAPの大人ワークです。


かみなりに打たれたように瞬時に固い硬い殻に一本の光が

差し込み、そこからひび割れが広がって明るさが増していった、

そんなイメージです。


「ああ、そうだったのか!・・・」


エンパワメントの第一歩でした。


その後森田ゆりさんの著書をむさぼるように読んだことを覚えています。


中でもエンパワメントと人権 こころの力のみなもとへ

私のバイブルとなっています。


育児支援グループを始めた時、まず森田ゆりさんを

お招きすることを決めていました。

育児に関しても、まず必要なのは

“生きる力のみなもと” を保護者自身が取り戻し、

生き方を通じて子どもに伝えていくことだと思います。


詳しくはこちらをご覧ください。

森田ゆりさんの詳細に関してはこちらをどうぞ。



byひまわり

子どものこんな悩みありませんか?

●「子どもにお友達ができない。」

●「お友達と仲良く遊べない。」

●「いつも1人で遊ぼうとする」


こんなことありますよね。

これは心配することではないので、悩まなくて大丈夫です(*^_^*)



子どもの発達面でも違ってくるし、

個人差やその子の特性によっても違うので、

他の子どもと比べたり、

周りの誰かに、何か言われても気にしなくていいのです。

間違った知識を刷り込まれないようにして下さいね。



子どもの遊びにもいろいろあります。

自分の子どもがどんな遊びをしているか、

当てはまるものがあると思うので見て下さい(^-^)

   ↓↓↓

★目的のない遊び
あちこちを見回したり、何もしないでじっと座っていたり、
目的もなくぶらぶらしているような行動。

★ひとり遊び
そばで遊んでいる子どもがいても無関心で、1人だけで遊ぶ。

★傍観
となりの子どもの遊びにも関心は示すが、
そこに加わろうとせずにわきに立ってじっとみている状態。

★平行遊び
近くで、まったく同じ遊びをしているのに、
子ども同士の間には具体的な交渉がない状態。

★集団遊び
◇連合遊び・・一緒には遊ぶが、それぞれの子どもは勝手に
 自分のやりたいことをするので、全体にはまとまりがない。
 組織的な集団づくりや役割分担はない。

◇協同遊び・・めいめいの役割分担もあり、
 集団で共通する目的を持ち、組織化されている。

    (ユーキャンの発達心理学のテキストより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・

個人差はありますが、2歳を過ぎてらから、

少しの間なら子ども同士で遊ぶようになります。

でも、まだまだ1人を相手にして遊ぶ「二人遊び」が多く、

3歳を過ぎると、だんだんお友達と遊びたくなる子どももいるようです。


自分の子どもがまだそうでもない場合は、

そのお子さんが遊びたいように遊んでいるので、

1人で遊んでいてもOKです☆


また、発達が同じようなお友達や、自分と似たタイプのお友達だと、

仲良く遊ぶことができるようですが、


タイプの違ったお友達とは、

大人でもそうですが、仲良くなんて遊べないんですよね。


でも、親の方が気にしてしまい、遊ばせようとしたり、

遊べなかったら叱ってしまったりすることもありますが、

子どもにとったら余計なお世話なんですよね(^-^)


子どもの気持ちや、

成長を妨げないように気をつけないといけないのは、

大人の方です(^_^;)


「子どもにお友達を作ってあげたい」と思っても、

親がどうすることもできないことがあるので、

見守ってあげることが大切です。

それが、ついつい、口を出てしまったり、

どうしても見守れなくて、

我が子を見てイライラしてまうようなら、

ひょっとすると・・・(・_・)

親の方がお友達が欲しいのかもしれません(^。^;)

ゲームをさせることは本当はいいのか?

子どもが5歳ぐらいになったら、

「ゲームが欲しい!」と言い出しますよね。


言わない子どもはいないぐらいではないでしょうか。

テレビCMを見ていても、楽しそうですし欲しくなります。


私は『ゲーム脳』と言われることも気になっていたし、

どうしたらいいのかと悩んで、

先輩のママさんに相談したり、

ゲーム売り場まで実際に行って、店員さんにどんなゲームがあるのか、

5歳ぐらいならどんなのができるのかを尋ねたりもしました。


他のお母さん方も、

「時間を決めてやるようにしたらいいと思うよ」

と、話してくれたりしたのですが、


うちの場合、

結局、そういうゲームを与えることはやめました。


その時の理由は、

◆性格的にゲームをするのには向いていない。

◆時間を決めてもやめれない。

◆やめさせる事が私のストレスになりそう。

◆ソフトを買っていくにはお金がかかる。

こんな理由でした。


うちは、小さいうちから

ゲームで夢中になるほど遊ばなくてよかったと思っています。



「時間を決めるといい」「視力が落ちる」とか

そんな問題ではありませんでした。


私は「『ゲーム脳』って本当のとこどうなのよ?」って思っていたので、

ゲームに関してとても詳しい方(ゲームソフトを作っている方)に

教えて頂きました。


納得できるお話なので、

こちらでも紹介させて頂きます。 (この方にも了承済です。)


◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

★★★ゲームが脳に与える影響というのはいくつか論文が出ています。
『ゲーム脳』というのは、その中でも一番話題を集めました。

一言で言うと、以下のような内容です。

ゲームでは何をしなくちゃいけない?と考えるより
即、行動しなくてはいけないですよね?

この行動は反射的なものですから、
人間の情緒などをつかさどる部分を経由しないで行動するため
これを繰り返すことは情緒不安定な人間が
出来上がると言う理論を脳波で証明したんです。

ただ、この学説まったく根拠がないものです。

反射神経的な行動って、将棋の名人の脳波とかでも同じ結果になるんです。


なので、ゲーム脳というのは実は現在の学説では間違いとされています。
(それどころかトンデモナイ学説のひとつとされています)
現在は、日本の神経学界が正式に研究しているはずです。

◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆


【たんぽぽ】

こういうことなら、ゲームをしても大丈夫だと思いますよね。

そうなんです。

ゲームをしても大丈夫なんです。


でも、

私がひっかかっているのは、

人をやっつけていくゲームです。

簡単に人を殺したり・・・

「こういうのんってよくないのとちゃう?」と思います。


実社会と、ゲームの世界が同じになってしまう場合です。

コミュニケーション不足にもなるだろうし、

なんでも、リセットしてしまうようになっても困ります。


ゲームビジネス界も、この現状には困っているようです。



◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

★★★ここからは、ゲームの構造の話に成るのですが・・・

ゲームというのはストレスとその開放という報酬の繰り返しで作られています。

ストレスを開放する気持ちよさがあるので、ストレスを受けた状態ではやめにくい
そして今のゲームではそれが複雑に時間軸がずれているんです。
これは解決してるけどあっちはまだ残ったままだから
もう少しやりたいみたいに思わせるように。

今は友達と競い合ったり交換し合ったりするゲームも多いため、
プレイするとやめにくいと思います。
(長く遊んだほうが有利⇒自慢される⇒もっとやりたい)

こんな感じなので始めるとなかなかやめにくいのがお分かりいただけると思います。

また、新しい学説で正義のヒーローになるものは、
他者排除の心理を植えつけるためよくないというものもあるんです。
(ヒーローモノドラマなども同じです)


理想論で言えばゲーム以上の楽しい遊びを提案すればいいわけですが、
ゲーム自体が子ども達のコミュニケーションツールのひとつになっていることも否めません。

どうしても遊びたいという話になった場合、
しっかり話し合われ、無理に拒否しなくてもいいと思います。
それも、与えないことも無理強いしていることになりますから。

ただ、ゲームを遊ばせるには、
与える側も子ども以上にゲームを好き(詳しい)じゃないとダメかなと思います。
それでなくてもゲームはコミュニケーション不足を生みますから。


子どもさんのお友達に何らかの影響を感じ取られていらっしゃるなら、
別の原因も考えられます。

環境ホルモンとか、家庭環境とか・・・
特に多くの場合、子どもを静かにさせるためにゲームを利用することが多く、コミュニケーション不足が問題にあると思います。


●まとめると
* いわゆるゲーム脳というやつは大丈夫です。
 いまだにTVとかでもやってたりするのは、
 視聴率が稼げるからやTVメディア以外の敵を常に作っておかなければいけないからであって、
 根拠はまったく問題ないです。

* 次に、過激表現がもたらす心理影響ですが、
 これは問題があると思います。


自分達で買うソフトを選べば問題ない話ですが、
子ども達はゲームソフトを貸し借りするのでそういうわけにはいきませんね。

それに時間を決めて遊ぶというのも難しいと思います。

ただ、端から悪いものとして拒否するのも違うかもしれませんね。
とはいえ遊んで得るものがあるゲームって少ないんですけどね・・・

子ども達の基本的なコミュニケーションツールになっている面もありますから、端からゲーム=悪いものと拒否しないで、
なぜ必要かを汲み取ってあげることも出てくるかもしれません。



◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

【たんぽぽ】

私が思うに・・・
ゲームを子どもに与える理由として、

◆みんなやっているから取り残されないように。

◆ひとりで遊んでくれるから楽。

◆親も遊んでみたいから。


こんな理由が親の気持ちの中にないでしょうか。

子どものことを考えるより、親の気持ちの方が優先して、
子どもがゲームを必要とする理由や、
コミュニケーション不足になることも含めて、
真剣に考えてあげているかどうかだと思います。

もちろん「子どもが欲しがるものを買ってあげたい」という気持ちは
あると思います。


私がゲームに関して思った結論は、

『5歳ぐらいからは、ゲームができる年齢ですが、
 人とのコミュニケーションを覚えていく時期なので、
 そっちを優先にした方がいいかもしれないということです。』

同時進行できるならいいと思いますが、
実際にできるかどうかは難しいと思います。
私にはわかりません。。。


‘人生ゲーム’や、私たちが子どもの頃に流行ったゲームが
今、復活していますよね。

あういうゲームなら、お友達とコミュニケーションをとりながら、
考えたり、勝ったり、負けたりと‥、
人と話しながらできるので、

私はこっちのタイプの方が好ましいのではないかと思います。


あれから5年経ち、
お友達とのこともいろいろあり学習しながら、
コミュニケーション能力もついたので、
ゲームをしても悪影響を及ぼすことがないと思うのですが、

好きなこと、得意とすることができたので、
ゲームが好きでゲームをするか、
得意とすることで遊ぶのかは、
子どもが選ぶことになるのでしょうね。


この『ゲーム脳』について教えて頂いたお友達には感謝しています。
有り難うございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。