メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強い」って何だ?

「‘強い子’に育って欲しい。」

「‘強い精神‘を育てる。」


と、昔の人はよく言ったことだと思いますが、

今、この言葉通りに育てると、

子どもは、大変窮屈な思いをすることになりますよね。


私は、自信を持って、自分の意見を言えたり、

イヤなことはイヤだと言える子どもに育って欲しいとは思うけど、

世間は、まだまだ厳しいことを言い過ぎるように思います。


「我慢強い子になるように。」

・・・なんて、今の時代でも言ってますよね。

学校でも言われてきますあせる


自分の思いを話せない環境で、我慢して育ってきていると、

他者にも同じようにして欲しいと思うのですよね。



今は、昔の人が言った「強い」という言葉は、

‘我慢強い’という意味が大きいのではないかと思います。


「決めたことはやり通さないといけない」だとか・・、

思い込んでしまうとしんどいです汗


気持ちって変わるものだから、

結果だって変わってもいいですよね合格


「強い」 「弱い」は、表現の仕方の一部なので、

やっぱり、基準にするのは、自分の気持ちなんだと思います。


親子関係においては、親の気持ちが、

子どもの気持ちに覆いかぶさってしまうことがあるので、

これは気をつけたいところです。


スポンサーサイト

『子どものウソ』について。

「子どもがよくウソをついて困るんです。」

‥ということってありますよね。

そこで、ぜひ読んで頂きたいのが、

こちらのサイトです。
    右下矢印右下矢印右下矢印
佐々木正美先生の「MIND 子どもの心を育てるために」より

ココの、
「子どものウソ」というところをクリックして下さいビックリマーク


とても、わかりやすく佐々木先生がお答え下さっています。


ウソをついたときって、誰でもあると思うのです。

大人でも子どもでも、理由は同じなんじゃないでしょうかねべーっだ!


私も、いろんな人間関係の中で‘本当ではないこと’を

使わせてもらうこともありますσ(^_^;)

それは、「自分を守るため」ですラブラブ


正直に何もかも対応していると、

自分が傷つけられることがありますよね~あせる


大人の方が、そういうウソはつかないと、

社会の中ではやってられないことってありますよね~ショック!


子どものウソも、同じだそうです合格


この佐々木先生のお言葉の中で、

私が印象に残ったのは・・・、


“ウソをつく前に、

   そのウソを言える雰囲気があれば理想的”



「これ、私もしているときがあるな~」と思いました(^_^;)


子どもが、ご飯の前に、お菓子を食べたくて、

私が、部屋から離れたときに、コソコソしている様子を感じたんです。

こっそり見てみると・・・、

テーブルの下に隠れて、お菓子を食べていましたビックリマーク

「可愛い~、そんなことせんでも怒らへんのに‥」と、

思ったのですが、ちょっと騙されておこうと思って、

しばらくは、そのことにふれなかったのですが、


私が「こんな夢見たことあるねん。ちょっと、聞いてくれる?」

  「うん、なに~?」

私  
「あんな‥、ご飯の前にできたらお菓子とか‥食べへん方がいいやんか~
でも食べたくなるやん?そんでな‥、ある日、私がご飯の用意をしてるときに、
◯◯くんがな、テーブルの下に隠れてお菓子食べてる夢見てんビックリマーク

「おもしろい夢やろ~ニコニコ

「そう~」

と言いながら、クスクス笑ってました音譜


こういうことですよね。

そんな大したことではないのに、

「ウソはついてはいけません。」ということに当てはめなくても、

いいんですよね。


もし、子どもがウソをついても、

そのお母さんが、わるいわけではないんです。


子どもが、気づかせてくれてるんですよね。

ここで、親も成長できるチャンスなんだと思います。

そのお母さんも、子どもの頃に「ウソをついてはいけません!」と、

言われてきたのかもしれないし、

ちょっとしたウソでも、許せないぐらい心が疲れているのかもしれませんよね。


こういうった、子どもの言動や、行動は、何か意味があるんですよね。


自分を責めずに、自分を大切に心も体も休めて、

自分自身と、子どもに向き合っていけるようになれたらいいですねラブラブ



by たんぽぽ

ご参照下さい。追記です☆

「ジェンダー」についての記事を書きましたが、

「ジェンダーフリー」というのは、和製英語だそうで、

いろんな意見もあるようなので、

私が認識しているのは、

こちらのサイトをご参照下さい。
   右下矢印右下矢印右下矢印
    ジェンダーってなぁに  NPO法人SEANより

あなたの家族は、家族単位? シングル単位?

昨日、ジェンダーチェックを載せてみたのですが、

今の社会は、扶養手当や、家族手当などもあり、

「家族単位」となっているので、

実はこれが、やっかいなことを作っているようです!!


私も、昔、伊田広行さんの著書を読んで、

「なるほど?ビックリマーク」と思ったのですが、


どういうことかというと・・・、

家族単位というのは、家族を「1」とするので、

2人以上で「1」と考えるのです。

夫と、妻で、「1」。

夫と妻と、子どもで「1」と考えます。


なので、役割や特性などが違う男女がいて成り立ち、

自動的に、家族単位には、ジェンダーの存在があるのですビックリマーク

例えば、よく言われている、

「男が仕事をして、女は家事や子育てをする」っていうやつですあせる


女の人は、世話役をしないといけない。

優しくて、美しくなければいけない。

自己主張してはいけない。

・・・というような、社会的・文化的に作られた女らしさであることが

前提として、家族単位にはあるということなんですビックリマーク


私は、ジェンダーフリーな人なので、

こんな言葉を書くだけで、息苦しくなりますショック!


女性は、自己決定ができなくて、男性に依存し、

男性は、身のまわりのことができなくて、女性に依存し・・


このような親のもとにいる子どもたちは、

やはり、誰かに依存しなければ生きていけなくなるはずですあせる


男性でも、世話好きな方は、

社会に出て、仕事をバリバリするより、

家で家事をする人が好きな人もいます。


女性も、子どものお世話をするより、

社会で優秀な業績を上げれるような方もいらっしゃると思います。

なので、性差で決める必要性はないんですよねニコニコ


この「家族単位」から、今は「シングル単位」へと、

進化してきています。(生きづらく感じる人は・・・)


「シングル単位」は、人ひとりを「1」とします。

なので、仕事でも、家事でも子育てでも、

性差に関係なく、自分の特性を持つものをすればいいのです。


働きたいのであれば、いつでも誰でも働けるということです音譜


私も、社会に出て働いていると、性差で賃金が変えられることを、

腹正しく思ったことがありました。

「あのおっちゃん、私より仕事してないのに、なんでそんなに給料高いん!?

「子どもが4人いるから。」と返事をもらったこともありますあせる

ハァ??ッ!?・・・って感じでしたあせる


こういった家族単位の意識があり、同時にジェンダーの意識があると、

モラルハラスメントも、パワーハラスメントも、

セクハラも・・、 暴力、虐待も起きてしまいます。


そんな男性の母親も、家族単位の中で、

いっぱい我慢して生きてきているから、

息子が結婚したとき、


我慢して生きてきたものが、嫁に向かってくるということですあせる

ここで、姑からお嫁さんへのモラハラが起こります。


こんなの耐えられないですよね汗汗汗


こんなことに気づき、

「家族単位」から「シングル単位」へと

進化していく家族が増えるといいなと思います音譜


私が読んだ伊田広行さんの著書
シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へ

シングル単位の社会論?ジェンダー・フリーな社会へ-伊田広行




       by たんぽぽ

あなたのパートナーはジェンダーフリー?

やってみませんか?

男性のためのジェンダーチェック表 

日本労働組合連合会HPより


これが、夫婦生活にも親子関係にも、影響するんですよね。

また、ぼちぼち書いていきます(^_^;)



byたんぽぽ

言葉のコミュニケーション不足。

子どもは、「やっていいことと悪いこと」は、わかっています。

友達に、ちょっかいをかけにいき、

それが原因で本気のケンカになってしまった場合など、

仕掛けた方を叱り、謝らせることが多いようですが、

これは、大人の力で止めさせているだけで、

本当は何の解決にもなっていないのです。


ちょっかいをかけにいった子どもには、

なんでそんなことをするかの理由があるようです。


それを聴いてあげて、言葉にして友達に伝える方法を身につけ

させてあげる必要があります。

これが周りにいる大人ができることなんだと思います。


気持ちを聴いてあげることが大切なんですよね。

止めさせることが大切なんじゃ~ありません。


言葉のコミュニケーション不足で、

大人も不仲になる場合が多いです。



言葉を話せるのは人間だけなので、しっかり気持ちを伝えて

相手の気持ちも聴いておきたいですよね。


大人ができていないと、子どもには伝わらないと思います。

もし、大人が・・・

「そんなことで悩んでるの。嫌われるのがイヤだったら、

我慢しなさい。」とか、

「あの子とお友達になるのはやめた方がいいんじゃない。」とか、

これは、その大人の考えであって、

子どものサポートにはなっていないですよね。


その大人がどうしていいかわからないのだったら、

適切な方法を、自分も勉強しながら、

子どもと一緒に考えてあげて欲しいなと思います。

そんなサイトをご紹介します。
    ↓↓↓
ライフスキルのページ〈自分らしく生きるための道具箱〉


      
        by たんぽぽ

講座を受けて下さった皆さんへ。

~「子どもの可能性を引き出す魔法の言葉」講座~


今日は来て下さってありがとうございました。

またまたお母さん方は熱心にお話を聞いて下さっていました。


「ギザギザハート」のお話ですが、

これは、親から、学校の先生から、社会に出たら会社の人から、

または、近所の人からなど、必ず誰でもピカピカのハートを

ギザギザに傷つけられてきているので、

子どもさんに傷つくことを言ってしまったり、

・・というのは、誰でもあります。


なので、ご自分を責めないで下さいね。



「こんなギザギザなハートになるんだ」と

初めて知った。・・という方も多いのではないかと思うのです。


何か困ることがあったら、

それは「自分がわるい」と思ってしまっていたり‥

も、あったかと思います。



でも、全然、わるくないんです。

ピカピカのハートを持っていらっしゃるのですからね☆


自分を責めてしまうのは、自分がわるいからではなくて、

ギザギザになっているからなんです。



「私はわるくない。」

「ピカピカのハートを持っているんだ」

と、自信を持って言えるぐらいなんです(*^_^*)



講座で、感じたことを活かして頂けたらと思います。



何か困ったことや、わからないことがあったら、

メールしてきて下さい♪


また、お会いできる日を楽しみにしています☆

今日は本当にありがとうございました。




    by たんぽぽ







「友達の輪に入れない」

「友達の輪に入れない」

このフレーズでの検索で、このブログに辿り着く方も多いようなのです。

「入れないな?」と思う気持ちや、感覚を大切にして欲しいと思います。

「友達が多い方がいい。」とか、

「友達の輪に入れないのはいけない。」とか・・

そんなことはないので、安心して下さいね(*^_^*)


「入れない」と思う気持ちはそれでいいのです!


入れないようなところに入っていくと、

傷つけられることだってありますよ(>_<)


入れるようなところは、

何も考えなくても入っていかれると思うんですよね。


子どもも大人も同じです。


私の場合は、面倒なので入っていきません。

いっぱい気を使わないといけないでしょう。

そんなのしんどいですぅ?。


気の合う方とお話している方がどんなにラクちんか!


子どもは直感が働くし、

子どもの気持ちも大切にしてあげて欲しいです。


ひとりで遊ぶことが好きな子どもさんだっているし、

子どもが友達の輪に入っていけないのを見て、

イライラするのは、子どもの問題ではなくて、

大人の方の問題なんですよね(^_^;)



子ども自身が入っていきたいと言ってるなら、

一緒に行ってあげるといいですよ♪


声のかけ方がわからなかったり、

ちょっと恥ずかしかったりするものですからね。


気持ちで判断することが大切なようですo(^-^)o



by たんぽぽ





子どもに言うことを聞いてもらっている親。

親がして欲しくないことを子どもがしてしまったとき、

勝ち負けかのように、

子どもに謝らせている大人をよく見かけます。


この時点で、子どもと大人が逆転しています。

子どもに言うことを聞いてもらっているんですよね。


学校でもそうです。

先生の方がダダをこねて、

子どもが「こりゃダメだ」とあきらめています。


「どうしてこんなことになるのでしょう?」


欲求を満たさず、自己実現をしないまま、

結婚し、子どもを産み、

子どもを育てている大人が多いようです。


なので、そのことに大人が気づいて、

自分の子どもには、適切な対応をとってあげる必要があるのですが、

これが、なかなか気づけないんですよね。


「子どもは大人の言うことを聞いて当たり前」と

思われることもあるかと思うのですが、

これはそうではないようです。

ここから歯車が狂ってくるのでしょうね。


親が子どもの心配をして、注意をしていたことを、

もし、子どもがその注意を守れなくても、

守れなくて当たり前だと思って、

泣いてる子どもは、泣かせてあげて欲しいし、

抱っこしてあげて欲しい。


謝らせないで欲しい。

謝らせたいと思っている自分に

早く気づくことができるといいですね。


by たんぽぽ





『サークル交流会』

奈良市・なら子育てネットワークさん共催の「サークル交流会」で

『子どもの可能性を引き出す魔法の言葉』と題して、


役に立つコミュニケーション方法や、自己肯定感のお話など、

「エンパワメント」と「アイメッセージ」のお話をさせて頂きました。

講師は、ひまわりさんです♪


たくさんのサークルの方々に来て頂くことができて、

とてもうれしく思いました。

今日、来て下さったみなさん、どうもありがとうございました!(*^_^*)


私たちが今まで学習してきたことや、実践してきたことで、

確信の持てるお話をさせて頂いたのですが、

ぜひ、小さい子どもさんをお持ちのお母さん方にも、

伝えていきたかったことだったのです。


「ピース・オブ・マインド」のグループの中では、

こんなお話ばかりしているのですが、

今日来て下さった他サークルの方々も、

熱心に聞いて下さっていて、

あとで質問もして下さったりで、

興味を持って頂いていたようだったので、

とてもうれしく思いました。


子どもとのコミュニケーションって、

「本当はどうしたらいいんだろう?」って

わからないことが多いですよね。


こんな貴重な時間を持たせて下さった、

「なら子育てネットワーク」の皆さん、

本当にどうもありがとうございました!

感謝しています☆


可愛い子どもたちには癒されました~!

お母さんに着いてきてくれて今日はありがとうね♪

楽しかったね(*^_^*)


    by たんぽぽ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。