メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへの肯定的な働きかけ

人が生きていく上で欠かせないものの
ひとつが、心の栄養です。

交流分析では、
その人の存在を認めるための働きかけ
ストロークといい、これには
肯定的と否定的の2種類があります。

肯定的ストロークは与えられると嬉しくなり、
心の栄養が溜まっていきます。

否定的ストロークは、与えられるとイヤな気持ちになり、
ストレスが溜まっていきます。

具体的な例を挙げてみます。

続きを読む

スポンサーサイト

原始時代の親は・・

原始時代‥


そんな昔のことまで考えたことがなかったのですが、


【原始時代】の児童観は、

すべてが平等で、親が子どもを支配することはなかったそうです。




そして、どのように変わってきたかというと、

続きを読む

子どもへの不適切な発言 具体例

親の不適切な発言は、親が考える以上に
子どもの人格形成に影響を与えるようです。

言葉による精神的な虐待は、
目に見えないので過小評価されがちですが、
受け続けた言葉により長い間苦しんだり、
対人恐怖、または信頼関係を築きにくい、
そして心身症・精神病を発することも多い、
ということです。

怖いのは、暴力に慣れてしまうことだと思います。

続きを読む

覚えておきたいこと。

【児童虐待の定義】

児童虐待とは、親または親に代わる保護者等が
子どもに次にあげる行為をすることを言います。
(これらの行為は親の意向にかかわらず子どもの視点で判断します。)

児童虐待の防止に関する法律(H16,10月改正法施行)より

続きを読む

禁止令(子どもに言ってはいけない言葉)

子どもに言ってはいけない、不適切な言葉があります。
交流分析(TA)の禁止令より引用します。

保護者自身が、
不安や失望、寂しさや惨めさ、
怒りを感じている中で
言葉だけでなく、態度や接し方などで
子どもに与えるメッセージ、だそうです。

このような親の態度は子どもの安心や自由、
自信を奪い、生き辛くさせ、
SOSとして問題行動を起こしたり、
うつ病などの心身症を発したりしまいます。


禁止令の基本的リスト
-Robert Goulding & Mary Goulding-

続きを読む

どうしたら言うことを聞いてくれるのか?

脳科学者の茂木健一郎さんが出演されている

NHKプロフェッショナル仕事の流儀の放送で、

とても興味深いことをやっていました。



子どもを育てるには、褒めのアスリートになるということ。

詳しくはこちらより

続きを読む

テーマ: 子育てママのお悩み
ジャンル: 育児

親が助けてくれないとき。

「親が助けてくれないとき」


誰か助けてくれる人がいるので、

決してあきらめないで、

安心して相談できる人に今の気持ちを話してみましょう。


助けてくれる人に辿りつくまで探してみると、

思いを感じてくれる人が必ずいます。


お父さん、お母さんもどうしていいのか‥わからないのだと思います。

「子どものことは大切」だと思っていても、

続きを読む

テーマ: 子育てママのお悩み
ジャンル: 育児

習慣化される思考

機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの
思考の傾向として、次のようなものがあげられています。

自分らしさ、自分のペース、自分のための人生を
取り戻すための参考になれば、と思います。
これらの思考は、自分が弱いから、ダメな人間だから、
そうなったのではなく、子ども時代を生き抜くための手段
と身につけたものであり、簡単ではないとしても、
思考の傾向を変更することはいつからでも可能であり、
誰もが本来生まれながらにその力を持っているのだと
私は信じています。


先取り不安と時間感覚の障害

続きを読む

機能不全家族の子どもの役割

機能不全家族に育つ子どもは、
生き延びるため、自分を守るために
以下のようなさまざまな役割を担います。

これらのタイプは、固定するものではなく、
一人でいくつもの役割を担ったり
入れ替わったりすることもあるようです。


ヒーロー(家族の期待を背負う)

続きを読む

機能不全家族とは

子どもの心が健全に発達するには、
家庭が子どもにとって
リラックスできる場所であり、
心の安全基地であることが大切です。

これらが機能しない家庭は
"アダルトチルドレン(AC)"を世に出す
と言われています。

"アダルトチルドレン(AC)"とは、

続きを読む

私はこの本でラクになりました♪

ご紹介したことがあると思いますが、

私が、毎日カバンの中に入れて持ち歩いては、

mapを開くように、何度も確かめて、

自分を大切にする方法や、

子どもとの関わり方を調べた本です。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。