メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの家族は、家族単位? シングル単位?

昨日、ジェンダーチェックを載せてみたのですが、

今の社会は、扶養手当や、家族手当などもあり、

「家族単位」となっているので、

実はこれが、やっかいなことを作っているようです!!


私も、昔、伊田広行さんの著書を読んで、

「なるほど?ビックリマーク」と思ったのですが、


どういうことかというと・・・、

家族単位というのは、家族を「1」とするので、

2人以上で「1」と考えるのです。

夫と、妻で、「1」。

夫と妻と、子どもで「1」と考えます。


なので、役割や特性などが違う男女がいて成り立ち、

自動的に、家族単位には、ジェンダーの存在があるのですビックリマーク

例えば、よく言われている、

「男が仕事をして、女は家事や子育てをする」っていうやつですあせる


女の人は、世話役をしないといけない。

優しくて、美しくなければいけない。

自己主張してはいけない。

・・・というような、社会的・文化的に作られた女らしさであることが

前提として、家族単位にはあるということなんですビックリマーク


私は、ジェンダーフリーな人なので、

こんな言葉を書くだけで、息苦しくなりますショック!


女性は、自己決定ができなくて、男性に依存し、

男性は、身のまわりのことができなくて、女性に依存し・・


このような親のもとにいる子どもたちは、

やはり、誰かに依存しなければ生きていけなくなるはずですあせる


男性でも、世話好きな方は、

社会に出て、仕事をバリバリするより、

家で家事をする人が好きな人もいます。


女性も、子どものお世話をするより、

社会で優秀な業績を上げれるような方もいらっしゃると思います。

なので、性差で決める必要性はないんですよねニコニコ


この「家族単位」から、今は「シングル単位」へと、

進化してきています。(生きづらく感じる人は・・・)


「シングル単位」は、人ひとりを「1」とします。

なので、仕事でも、家事でも子育てでも、

性差に関係なく、自分の特性を持つものをすればいいのです。


働きたいのであれば、いつでも誰でも働けるということです音譜


私も、社会に出て働いていると、性差で賃金が変えられることを、

腹正しく思ったことがありました。

「あのおっちゃん、私より仕事してないのに、なんでそんなに給料高いん!?

「子どもが4人いるから。」と返事をもらったこともありますあせる

ハァ??ッ!?・・・って感じでしたあせる


こういった家族単位の意識があり、同時にジェンダーの意識があると、

モラルハラスメントも、パワーハラスメントも、

セクハラも・・、 暴力、虐待も起きてしまいます。


そんな男性の母親も、家族単位の中で、

いっぱい我慢して生きてきているから、

息子が結婚したとき、


我慢して生きてきたものが、嫁に向かってくるということですあせる

ここで、姑からお嫁さんへのモラハラが起こります。


こんなの耐えられないですよね汗汗汗


こんなことに気づき、

「家族単位」から「シングル単位」へと

進化していく家族が増えるといいなと思います音譜


私が読んだ伊田広行さんの著書
シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へ

シングル単位の社会論?ジェンダー・フリーな社会へ-伊田広行




       by たんぽぽ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。