メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『子どものウソ』について。

「子どもがよくウソをついて困るんです。」

‥ということってありますよね。

そこで、ぜひ読んで頂きたいのが、

こちらのサイトです。
    右下矢印右下矢印右下矢印
佐々木正美先生の「MIND 子どもの心を育てるために」より

ココの、
「子どものウソ」というところをクリックして下さいビックリマーク


とても、わかりやすく佐々木先生がお答え下さっています。


ウソをついたときって、誰でもあると思うのです。

大人でも子どもでも、理由は同じなんじゃないでしょうかねべーっだ!


私も、いろんな人間関係の中で‘本当ではないこと’を

使わせてもらうこともありますσ(^_^;)

それは、「自分を守るため」ですラブラブ


正直に何もかも対応していると、

自分が傷つけられることがありますよね~あせる


大人の方が、そういうウソはつかないと、

社会の中ではやってられないことってありますよね~ショック!


子どものウソも、同じだそうです合格


この佐々木先生のお言葉の中で、

私が印象に残ったのは・・・、


“ウソをつく前に、

   そのウソを言える雰囲気があれば理想的”



「これ、私もしているときがあるな~」と思いました(^_^;)


子どもが、ご飯の前に、お菓子を食べたくて、

私が、部屋から離れたときに、コソコソしている様子を感じたんです。

こっそり見てみると・・・、

テーブルの下に隠れて、お菓子を食べていましたビックリマーク

「可愛い~、そんなことせんでも怒らへんのに‥」と、

思ったのですが、ちょっと騙されておこうと思って、

しばらくは、そのことにふれなかったのですが、


私が「こんな夢見たことあるねん。ちょっと、聞いてくれる?」

  「うん、なに~?」

私  
「あんな‥、ご飯の前にできたらお菓子とか‥食べへん方がいいやんか~
でも食べたくなるやん?そんでな‥、ある日、私がご飯の用意をしてるときに、
◯◯くんがな、テーブルの下に隠れてお菓子食べてる夢見てんビックリマーク

「おもしろい夢やろ~ニコニコ

「そう~」

と言いながら、クスクス笑ってました音譜


こういうことですよね。

そんな大したことではないのに、

「ウソはついてはいけません。」ということに当てはめなくても、

いいんですよね。


もし、子どもがウソをついても、

そのお母さんが、わるいわけではないんです。


子どもが、気づかせてくれてるんですよね。

ここで、親も成長できるチャンスなんだと思います。

そのお母さんも、子どもの頃に「ウソをついてはいけません!」と、

言われてきたのかもしれないし、

ちょっとしたウソでも、許せないぐらい心が疲れているのかもしれませんよね。


こういうった、子どもの言動や、行動は、何か意味があるんですよね。


自分を責めずに、自分を大切に心も体も休めて、

自分自身と、子どもに向き合っていけるようになれたらいいですねラブラブ



by たんぽぽ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。