メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はなぜ結婚するのか?

私は、結婚はしないし、子どもも産んでいないけど、

「なぜ結婚するんだろう?」と、何度も考えたことがあります。


結婚だけではなく、子育てもそうです。

どっちも、しなくてもいいものなのに、

する人の方が多いですよね。


「子孫を残すため」とか、いろいろな考えがあると思うのだけど、

やはり、結婚や、子育ては、

‘生涯発達’のためなんだと思います。


結婚をしてから、子どもを産んでから、

自分の身に起きることって、すご?く、悩みませんかビックリマーク?


嫁姑の問題、夫婦の問題、子どもの問題など‥。


結婚してから、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と思ったり、

「子育てってこんなに大変だったの?」と、

投げ出したくなりときがありますよね。


でも、そう簡単に投げ出せないこともありますよね。


「どうしたらいいのだろう?」って考えますよね。

この考えていくことが、

大人になってからの発達なのだと思います合格


赤ちゃんが、お座りができるようになったり、

歩けるようになったりする発達と同じです。


大人も、目には見えないけど、

生涯において、成長できることがたくさんありますチューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤


私は、いつも「自分のしたことは、自分に返ってくる。」

と思っているのですが、

「まぁ、いいか。」と先送りにしていることも、

いつか、自分に返ってくると思うので、

いつかは引き受ける必要があるのだと思っています。


結婚したけど、うまくいかなくて、離婚することも、

成長するためには必要なことでもあります。


どんなときも、人が成長するときに、必要なことは、

『安心感』でしょうねラブラブ


もし、安心感のない状態なら、

「どうしたら安心感が取り戻せるだろう?」と

考えてみる方が良いですよね。


ひとりで考えてもわからないときは、

人に相談することで、安心感が取り戻せることがあります。


どんな困難なことがあっても、

その人にとっては意味のあることであって、

成長するチャンスを与えられているということですよね。


しんどいときは、休む。

気持ちが変わったら、動きだす。

またしんどくなったら、休む。

こんな繰り返しをしながら、

大人も少しずつ成長していってるのだと思います。


人と人との問題は、どちらかが、我慢していたり、

どちらも我慢している状態は、よくないです汗

『安心感』を取り戻す方法を考えたいですよね。

そして、生涯発達していきたいものですね晴れ



by たんぽぽ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。