メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘いいお母さん’とは?

「いいお母さん」=「いい子を作るお母さん」

これが私の印象です。


家事ができて良妻で、

子どもには、あいさつはきちんとさせ、

食事のマナーも身につけさせ、

早寝早起き、

お友達とは仲良く遊び、あと片付けもきちんとでき、

勉強もできる。。。

こんな感じかな?


こんなお母さんになりたい方もたくさんいらっしゃると思います。

なりたくてもなれないお母さんもいると思います。

そして、私のようになりたくない人もいると思います。

人それぞれですよね。


こんなお母さんになるには、

何かを犠牲にしないとなれないんですよね。


何を犠牲にするかというと、

ありのままの自分と、子どもです。


大人の顔色をうかがい、大人の言うことを聞く子どもさんは、

自分の欲求を抑えながら、

大人の言うことを聞いてくれています。


私が思う「いいお母さん像」は、

世間体を気にして、

こんな子どもになって欲しいと思ってることもあると思うのです。


しかし、ここで考えたいのが、

世間体を気にするということは、

‘自分が主体’ですよね。


この時点で、子どもが「人」ではなくなっています。

子育ては、‘子どもが主体’です。


例えば、

「この服が欲しいけど、これを着ていたら、

 友達になんて言われるかわかんないから、

 こっちの服にしておこう。」


と、コレならいいですよね。相手は「服」ですから。。。


でも、これを子どもに置き換えたら、

「こんな子どもになって欲しいのだけど、

このままだと友達になんて言われるかわからないから、

恥ずかしくないようにしつけなきゃ!」

・・となります。


これは、子どもの気質や、

子どもの気持ちを抑えてしまうことになりますよねあせる


気持ちを出せなかった子どもは、

出せるところで出してきます。

学校で、お友達にいじわるをしてしまうかもしれません。

先生が困ることもしてしまいます。


でも、これはしょうがないんですよね。

被害を受ける子どもは、耐えられないですが、

たまっていた思いを出し、SOSを出してるんですよね。


これが、子どものうちにも出せずに大人になると、

もっと、思いはたまりたまって、病気になったり、

結婚して子どもが生まれると、

自分の子どもに向くこともあります。


私は、「いいお母さん」と「いい子」は、

セットになってるように思えます。



「自分の子どもが好きになれない。」

好きになれなくてもいいと思います。

好きじゃないのに好きにはなれないですよあせる

「親失格だ」とか、「私っておかしいんじゃないか」とか、

思うかもしれませんが、

好きになれない気持ちは自分で受け止めて、


子どもが生きていくのに、

妨げにならないようにしてあげるといいんですよねベル


親と子どもは違う人間ですから。。。


遺伝子は受け継いでも、

自分に持っていないものまでは受け継げないですニコニコ


‘いいお母さん’はしないで、

自分のままを出せる人になれた方が、

自分も子どもも幸せなんですよね合格


自分の過剰な欲求が、子どもに向きそうになったら、

子どもに向けずに、


「母親」という役割から離れて、

自分自身のやりたかったことや、

これから勉強したいことを、

人間じゃないものに向けて、

生きる力を引き出してみたいですよねビックリマーク

大人になっても可能性はたくさん持っているのですから晴れ



by たんぽぽ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。