メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”バカにされたくない”?!

「ダメな母と思われたくない」

「あの人よりはマシ」

「私の方がわかっている」

「弱みを握られたくない」

「できてないと思われたくない」

「下に思われたくない」

・・総じてタイトルの「バカにされたくない」

比較、評価ですよね。



親の”貶める発言”で苦しんだ人に多いように思います。

一人の人間として尊重されていないんですね。

子どもに過干渉してコントロールしようとすることです。

怖いですね~あせる



例えば・・

「わかったようなことを言って」

「何もわかってないクセに」

「あなたにできるわけないでしょ」

「(失敗したら)やっぱりね。だから言ったでしょ」

「言う通りにしておげばよかったのに」


・・おお、書くだけでもウンザリあせる


こんなふうにバカにされたくないし、下に見られたくないので、

虚勢を張ったり、自分以上に自分を大きく見せたり・・

時には、相手を貶めてまで優位に立とうとしてしまいますしょぼん

そして、自分のその攻撃性に気づかないこともあります。

自分を取り繕うのに必死で、他者の気持ちを思い遣ることまで

アタマが回らないんですよね。



攻撃するのは、怖いから。不安だから。

怖くて不安なのは、自信がないから。自分を信頼できないから。

親に言われたようなことを言われまいと牽制するんですね。

傷つきたくないからですしょぼん

それほど、自尊心が傷ついている、ということですよね。

ある意味、自分を守っているんですよね。



でも、他者を貶めて他者の安心・自信・自由を奪ってしまうと、

自分を守るつもりが自らトラブルを招くことになってしまいますショック!



また、見捨てられ不安から、

「捨てられる前に自分から捨てる」とかね。

コミュニケーションに不都合が生じると、

すぐに関係を切ってしまうんですよね。

自分を信頼してないので、他者も信頼できないですしね。

これは、互いに理解し尊重するという

深い人間関係を築くことは難しいです。



でも、全然めずらしいことじゃないんですよねぇ。

親も、子どもに良かれと思って

また、「そうするもの」と思って言ってますしねぇあせる

私も困ってきたし、持て余しましたよ~あせる


これは、「自分を取り戻す」作業の大きなネックなんですよね。

他者と張り合おうとする「比較」の回路が働いて

勝とうとするクセがついていて、

「大きく見せようとしている自分(カッコつけの自分)」という、

”本来の自分ではない自分”を”ありのままの姿”と誤認していることも

ありますし、「バカにされて来た悔しさ」が溜まっているので

「負けたくなくて」虚勢を張ってしまい、

素直になれない、ということもあります。

「弱い自分」や「ダメな自分」を受け入れられないんですね。

悔しさを抱えた子どもの自分が叫ぶんです。

「私はもっとできるんだ!」

「バカにするな!」ってね。

・・だれもバカにしてなくてもねあせる

だって、比較しているのは「自分自身」なんですものニコニコ


だけど、認めて受け入れないと進めないんですよね。

怖がらなくていいんですよね。

誰もバカにしてないし、本当にそうなら、

「イヤな気持ちになるからやめて」と言ったり、

そういう相手から逃げることもできます。

今はあの時の子どもではなく大人なので、

対処の仕方や選択肢もたくさんありますよね。


自分自身の「心のクセ」に、

気づいてないことって本当にたくさんあるんですよね~ニコニコ

気づいても認めたくないこともあるしね~得意げ


これも選択ですよね。

「認めるのか認めないのか」

認めたくないけど成長したい、取り戻したいっていう

「両方とも欲しい」という望みは叶いませんもんねぇ。



想いの強さ、だそうです。

「どうしても、取り戻したい。成長したい。生き直したい。」

本当に、そう願っているのかどうか。



強く、願う。

”想い”や”気持ち”って本当に大切なんですよねラブラブ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。