メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に向き合うとは・・


自分に向き合う作業は、自分を守ることでもあるんですよねラブラブ

それが、結果的に子どもが自分で自分を守る力を養うことに繋がります。

まずは、自分なんですよね。



自分がラクになれるラブラブってことだと思います。




”いろんな人がいる”ことは長く生きているとわかってきますが、

難しいのは、

いろんな人がいるけれど、

その中で自分を見失わず、自分を守りながら、どのようにふるまうか。



要するに、”自分も他者も尊重すること”が難しいんですよね。



他者との関係の中で軋轢や意見の対立が起こったり、

考え方などの違いで不快な思いをすると、

怒りやイライラ、モヤモヤが湧いてきます。

感情に良い悪いはないので、とっても自然なことです。



でも、それに対して、

「あの人がこうしてくれなかったから」

「こうするのが常識なのにあの人がそうしなかったから」

「私はこう思ってこう言ったのに、ちっとも察してくれない」等々・・

相手を評価して責めるだけでは、ますます不満が募りますショック!

自分にも、同じことをしているからです。評価して、責めることを。



自分も他者も尊重できる人は、

「あの人はこんなふうに考えるんだな」と

自分と違っていてもそれはそれで尊重し、

「じゃあ私はこんなふうにしよう」と接したり
(流されたり、無理に合せたりすることはない)

又は相手に

「私はこんなふうに思うのですが、どうしましょう?」
(両者の意見を擦り合わせ、互いに歩み寄る=自分も相手も尊重)

というふうに、両者共に不満を溜めることなく進めて行けるんですね。



子どもが小学校に入って、

「おつきあい」の難しさを更に実感しました。

それこそ、いろんな価値観の保護者がいて、

同じようにいろんな価値観の先生がいます。

自分もいろんな人の中の一人ですニコニコ



私たちの頃よりも、更に生き辛くなっていると感じる現代の学校生活。

親も適切なフォロー、心の手当ができることが求められます。



親が自分のことで精一杯であればあるほど、

子どものしんどさ、生き辛さも見え難くなるようです。

休みがちだったり、他のお子さんとの揉め事など、

問題を起こしても当の子どもの保護者は何も知らない、

ということも多々あるようです。

そんな”いろんな人がいる”中で子どもは一日の大半を過ごすのですから、

やはり何かあった時、親が適切にフォローできるようにしておくこと、

がとっても必要、と実感しています。

フォローしたつもりが傷口に塩を塗っていた、

ということのないように。





自分が自分の感情であっぷあっぷしていたら、

そんな中で他者を尊重しつつ

「適切なおつきあい」をしていく、ということは難しいですあせる

自分の感情に気づいていても、認めるのが辛かったり、

「終わったことだし、別にそんなに傷ついてない」

と認めたくなかったり、

あるいは全く気づいていなかったり、さまざまです。




感情は、適切に吐き出せば吐き出すほど、

縛りがとれてラクになっていきますラブラブ

時間がかかっても、頑張ったぶんは報われて達成感があります。

自分をあきらめない、ことかなぁと思いますニコニコ





スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。