メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰か、気づいて!」

小学校の低学年だと、

学校であった子ども同士のトラブルを、

先生が連絡してきてくれると思うのですが、

中学年?高学年になると、その連絡も減ってくるようです。 (全くないこともあります)


担任の先生によって異なると思いますが、

被害を受けた子どもの家庭にだけは連絡をするようです。


子どもの方も、誰かに叩かれた・・などは、

お母さんに聞いて欲しいときは話すと思いますが、

叩いた側は、話さないですよねあせる


お家で‘いい子’の子どもは

先生が伝えない限りは、ずっとその親は知らないままなんです。


お母さん同士の会話でも、

「あなたの子どもさん、学校で◯◯くんを叩いたらしいわね。」

なんて、言えないですから、

学校での自分の子どもの様子は、

コトが大きくなるまで、親が知らないのはこれは問題ですよね。


問題行動って、

「誰か気づいて?!」ってことなのに、

先生が気づいていても、

親に伝わらないことが多いみたいです。



後からわかったことなのですが、

あの「酒鬼薔薇聖斗」も小3の時に、

前兆があったそうです。

学校で書いた絵に現れていたのですが、

その時の担任は何も伝えなかったそうなんです。

数年後にあんな事件を起こすとは、そのときはわかりませんよね。



学校での子どもの様子があまりにわからない、知らない保護者は、

先生に聞いてみるのもいいかもしれません。

何もなかったらそれでいいし、

何か問題があったら、そこから考えることができます。



「学校のことはよくわからないから・・」では、

済まされないこともあるようです。



            by たんぽぽ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。