メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの健全な情緒の発育のために

子どもの情緒的発育を健全に促すには、

以下のことを頭に入れておくと良いようです。

★感情と行動を分けて考える。

感情・気持ちに良い・悪いはないんですよね。

感情をコントロールするとよく言いますが、

これは、思うこと自体を操作するのでなく、

★感じた気持ちを言動にどのように表すか

ということなんですよね。

例えば、

思うようにいかない、疲れている、

イライラしているときなど、

「もう何もかもやめてしまいたい」とか

「どうでもいい」というような

投げやりな気持ちになると、

「母親なのにこんなふうに思ってはいけない」

と思ったりするのは、

「こんなことは感じたり思ってはいけない」

という感情の否定です。

でも、感情って湧き起こるものなので

どうしようもできないですよね。

そんなふうに否定すると、さらに

「こんなことを思うなんて」

という罪悪感まで感じてしまい、

自己否定になってしまいます。



そうすると、やはり子どもにも否定してしまうんですね。

子どもが「あれがしたい、これがしたい」と言ったとき、

「何を言ってるの。そんなことできるわけないでしょ。」

自分に対して抑圧し、罰しているので、

無意識のうちに他者にもそうなってしまうようです。



すると子どもは

いろんなことを最初からあきらめてしまうようになります。

「どうせこんなことを言っても相手にしてもらえない。」

「自分の思いはばかげたことだ。」というふうに。

“ やる気 ”が育たないんですね。


これでは子どもの希望を奪ってしまうことに

なるので、気を付けたいですね。

思うことはかまわない。どんな感情を持ってもいい。

それを“ どう表現するか ”が大切なんですね。



怒りを感じた時、それをそのまま表現したら、

相手がイヤな気持ちになったり、

恐怖や嫌悪を感じるかもしれませんよね。

感じること、思うことはそのままでいい。

それをどう表現するか、伝えるか、

適切な表現を考えて、実行する。


これらも、自分を責めない、大切にすることに

繋がりますよね。

子どもがコミュニケーションに困らないように、

親が気をつけたいことのひとつです。


この本、とってもいいですよ。byひまわり

気持ちの本 気持ちの本
たくさんの子どもたち、森田 ゆり 他 (2003/07)
童話館出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。