メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しくするのは支配欲

世知辛い世の中、我が子の将来を思って
逆境にも負けない、強い子にと
精神面を”鍛えよう”として”厳しく”接する。

そうした親の心理は支配欲なんだそうですね。

自分自身の親子関係、または人間関係が
支配・被支配の経験しかないと、
人間関係とはそういうものだ、と思ってしまいます。

子を正しく導くのは親の責任。
本当に子どもを思うなら、時には厳しく諭さねばならない。

・・のような。


でもね、

子どもに厳しくするのは、過干渉なんですよね。

マズローの欲求段階説にもあるように、
人が成長していくには、
ひとつひとつ段階的に欲求を満たす必要があるんです。

”欲求を満たす”、というのは
”甘えを満たす”ということなんです。


”甘えを満たす”のは”甘やかし”とは違います。


私たちの親世代に、チクロママなんて言う言葉がありました。
なんでもかんでも子どもの言いなりになる、
甘やかしママ、という皮肉です。
そしてこれも過干渉のひとつです。

私たちが今、モンスターペアレントなる造語を耳にして
「そうはなるまい」としているのと同じように
私たちの親世代も甘やかすまいとしてきただろうと想像します。

故にその子どもである私たちにも、
「甘え」に対して過敏であるのかと思います。
「叱れない親が増えた」なんて言う声も多いですしね。


でも厳しく接すること=良い親
叱ること=親の当然の義務
時には子どもを突き放すことも必要 

みたいな構図を信じてたら、
経験から、学びから、
エラいことになると私は思っています。

ホントにエラいことです叫び
子どものやる気や可能性を奪ってしまうのですから。
(私もそれでどんなに苦労したか・・汗


誰だって、自分の人生を支配されたくないです。
例えそれが親でも。

いや、大好きな親だからこそ、
自分を一人の人間として、尊重して欲しいですよね。


だから、支配された子ども時代をようよう生き抜いたものの、
そのことに自身で気づかないままだと、
自分もまた同じように子どもに接してしまうんですよね。


支配された怒り。
自分の持つ権利を奪われたままの怒り。
潜在意識では気づいています。そのことに。

でも、表面には上がって来ないので、意識化できず、
いつも人間関係の悩みや子育ての悩みを抱えています。

しかもそれが長引けば長引くほど、それは常態になり、
気づきのチャンスも減ってきます。

子どもがSOSを出してくれる場合もあります。
不登校やいじめやその他の問題行動で。

もちろん、それでも気づかない親もいます。


子どもに厳しく接するのは方法として一番簡単なんです。
相手の気持ちを斟酌しなくていいからです。
「こうしなさい」
「こうありなさい」
と自分の思いを言えばいいだけですから。


難しいのは、子どもの気持ちを聴くことです。


よくある勘違いですが問い質すこととは違います。
「何があったの?!」
「どうして言わなかったの?」
「なんでそんなことしたの」
”聴く”際に、なぜ?どうして?と
問いつめるのは逆効果です。


子どもが安心して話せているかどうか。

言わないと怒られる、嫌われる、じゃなく。



諭す必要なんてないんです。
答えは子どもの中にあるんですから。


「そう、そうだったの。」
共感して聴くことは、子どもの力を信じることです。
子どもを信じることが子どもの自信に繋がります。


自分に自信がない、自己を肯定できない人は、
子どもも信用できません。

だから、「こうするべき」論を説き、諭す。


支配され気持ちを聴いてもらえなかった人は、
子どもの気持ちを聴けません。
そんな思考回路ができていません。


厳しくして、子どもの”気持ち”は考えず、聴かずでは
子どもの気持ちは抑圧されていきます。


抑圧されたものは心の奥深く沈み、
そのままにしていると歪むこともあります。
表面上の変化はありません。
本人も認識できないことが殆どです。
しかし、それはいつか様々な形の歪みとして出てきます。


子どもに厳しくするのでなく、
自分の気持ちを聴く。
自分に優しくする。
まずはそこから始まると思います。


おすすめの本をご紹介します。
自分を、子どもを大切にするためにラブラブ

親が自分を大切にするヒント/バーバラ カールソン

¥1,050
Amazon.co.jp

気持ちの本/たくさんの子どもたち

¥1,470
Amazon.co.jp


byひまわり
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。