メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもは知っている

子どもって親の感情に敏感です。
親以上にわかっていると思っています。


親が自分のことに精一杯で、
余裕がないことをよく知っています。
言葉として明確化できないだけで・・


自分の子ども時代を思い返せば
よくわかると思います。


怒られるから

嫌味を言われるから
欲しい言葉は返って来ないから
言わない。


または


認めて欲しくて
喜んで欲しくて
愛情を確認したくて
親の望む”良い子”を演じる。



よって
親を嫌うようになったり、
または
親の言う通りに
「自分以外の誰か(良い子)」になったり。



親をよく見ていますよね。
どちらのタイプの親も、気づいていないからこそ
気づいても現実から逃げているからこそ
子どもがそれに対処しているんですものね。



前者は
自分の思いは伝えても傷つくだけ
なので言わなくなるし、
後者も
相手の顔色を見て
自分の思いを変えたり言えなかったりするので、
結局自分の気持ちは後回しなんです。



後回しするのが日常化すると、
だんだんと、じわじわと、
自分の気持ちがわからなくなります。
わかっていないことにも気づけなくなります。




どんどんどんどん、気持ちが涸れていく。
傷つくことのみ敏感で。
傷つくまいと攻撃的にもなる。
人との接触自体が怖くなる。



コミュニケーションを学ぶどころではありません。



子どもは肌で感じています。
親の言葉の端々、ふとした表情。


何より、
親に認めて欲しくて
親と仲良くしたくて
理想的な親子関係を築きたくて
親に変わって欲しくて


そのことに囚われていて、
自分のことは実は眼中にないことを知っています。



自分を見て欲しくて
かまって欲しくて



病気など症状で訴えたり
怒られてもいいからこちらを向いて欲しくて
問題行動を起こしたり
あるいは良い子にして気を遣ったり。



けなげですよね。



なので私は、
なりふりかまっていられない
と思いました。


私もそんな親の子です。
同じDNAを持ち、
そういう環境の中で育ったのですから、
何もしなければ同じようになる。
そう思いました。
朱に交われば赤くなる。
恐ろしいほどの危機感を感じました。
いつまでも愚痴愚痴言ってるだけなら
結局親と同じだよね、と。



八つ当たりできる親でありたい
とも思いました。
親に気を遣っていたら、
または
その何倍もの罵声が返ってくる親なら、
気持ちをぶつけることなどできません。



今は怒りや寂しさを抱えた子どもが
けして少なくありません。


それらを抱えていなくとも
抱えた子どもにぶつけられることもある。
大人にぶつけられることもある。



そうしてイヤな気持ちになったとき、
子どもは誰にそれをぶつけたらいいんでしょう。
誰が共感して聴いてくれるんでしょう。



親に余裕がないと、
子どもは一人でそれを抱えなければならない。
抱えてきた私自身もよく知っています。



人が安心・自信・自由を取り戻すには
人に聴いてもらう事です。



人を不信に陥らせるのも人ですが、
信頼を取り戻させてくれるのも人です。


自分の優位性を保つために
他者をとにかく否定する人もいれば
他者の思いを肯定して聴き尊重する人もいるのです。
それを教えてくれるのも人。



自分自身の問題の答えは
自分の中にありますが、
長い間貶められ否定され傷つき
幾重にも鎧で固められた心の、
その奥深く隠された答えを
自分一人で引き出すことができるほど、
人は完璧・優秀ではないと私は思います。


100%自分を客観的に見るなんて無理。


子どもの園や学校などで
困ったことが起きたとき、
子どもがそれを誰にも話さず
一人で苦しんでいたら。
表面に出さず思い詰めてしまったら。


具体的な対策を講じず人に頼らず
自分でなんとかしようとする親も
「何かあったら言いなさい」
「どうして言わなかったの」
とは言うようです。
説得力がないしそんな親には言いにくいと私は思います。


親は子どもにとって最も身近なモデルです。
私は何かあれば人に聴いてもらい
一緒に考えてもらう事で
自分一人では思いつかなかった
選択肢を増やすことなどを、
自分がすることで子どもに伝えたいです。



何かあったら一人で抱えなくてもいいんだよ。
助けてくれる人は必ずいるよ。
安心できる人に聴いてもらうとすごくラクになるよ音譜


・・ということが私が実践することで
伝わればいいなと思ってやっていますニコニコ


自分のことを話す事は
傷ついた人には勇気が要ります。
無理することはありませんが、
あきらめてしまうのは勿体ないと思います。

否定する人ばかりではないです。
親が人に対して猜疑心や不信感を多く
持っていると、子どもも
対人関係はそういうもの、と学習してしまいます。



子どもの成長を促すのは、
親が余裕を持てるように、ラクになること、
自分を苦しめている思いや考えを手放すこと。
私はそう思っていますラブラブ

by ひまわり




スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。