メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能不全家族の子どもの役割

機能不全家族に育つ子どもは、
生き延びるため、自分を守るために
以下のようなさまざまな役割を担います。

これらのタイプは、固定するものではなく、
一人でいくつもの役割を担ったり
入れ替わったりすることもあるようです。


ヒーロー(家族の期待を背負う)
良い子、しっかりした子として
家族の期待に応えようと頑張ります。
責任感が強く、失敗するとひどく自分を責めます。
もっともっと頑張らなければと、
常に自分を追い立てています。

家の問題から目をそらせるため、
がむしゃらに努力し、世間に注目されることで
両親の関係を取り持ちます。

親の虚栄心を満たすため、
自分のすべてを犠牲にしているので、
他者に厳しく、思い遣りを育むことができません。



スケープ・ゴート(家族の問題を行動化)

問題はすべてこの子のせい、
という幻想を抱かせられる生け贄役です。
そうすることで家族の崩壊を防いでいます。

暴れたり反抗するなどの問題行動や
怪我や病気、心身症や精神病さえも
役割の一環だそうです。

身体を張って家庭の問題を外に出そうとします。



ピエロ(おどけた仮面をかぶる)

家族に緊張感が走ると、ふざけたりおどけたりして
自分に関心を引き寄せなごませようとします。

本当は悲しくても明るく振る舞うなど、
まわりに合せた感情表現ばかりしているので、
自分の気持ちはわからなくなっていきます。



イネイブラー(家族を支える役)

偽せ親とも呼ばれます。
家の中の問題をなんとかしようと親の代わりを努めます。
自分より他者の都合を優先し、
自分の都合を優先することに罪悪感を感じます。

親の配偶者役や兄弟姉妹の親役割もやってしまいます。
他者の思いを中心に動いているので、
自分の望みや感情がわからなくなります。



プラケーター(家族の慰め役)

小さいカウンセラーとも言われます。
家の問題に疲れて溜息をついている親
(多くは母親)を慰める役です。



ロスト・ワン(居ない子)

忘れられた子どもです。
「壁のシミ」とも呼ばれるそうです。
家族の問題から逃れ、身を守るため、
なるべく目立たないようにしています。



プリンス・プリンセス(お人形)

溺愛され可愛がられ、甘やかされますが、
一人の人間としての意思は無視され、
親の思うままの人形として支配されます。
パパやママのお姫様・王子様、として、
理想どおりに振る舞うことを求められるので、
自分らしく生きられません。



どの役割も共通して、親を中心に、
自分を押し殺して生きていますよね。
親の道具にされてしまっています。


どの役割の子どもも、
どこかで見た事のあるような感じがします。
日本は、家族の80%が機能不全家族であると
言われているそうです。
私も、めずらしいことではないと思っています。


自分の生まれ育った家族を振り返ることは、
自分のための人生を、
自分らしくいきいきと生きるために
生き辛さや苦しさをひも解き、理解し、
進化・改善させていくための
ひとつの手段であると思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。