メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへの不適切な発言 具体例

親の不適切な発言は、親が考える以上に
子どもの人格形成に影響を与えるようです。

言葉による精神的な虐待は、
目に見えないので過小評価されがちですが、
受け続けた言葉により長い間苦しんだり、
対人恐怖、または信頼関係を築きにくい、
そして心身症・精神病を発することも多い、
ということです。

怖いのは、暴力に慣れてしまうことだと思います。

暴言を繰り返し受けるうち、
暴言を暴言と思えなくなってしまう。
言われたとおりに自分は価値のない人間だ、
と思い込んでしまう。

どうせわたしはダメな人間だから、
何をやってもうまくいくハズがないんだから、
最初からこうなる運命なのだから、

とあきらめてしまう。
意欲を失ってしまうんですよね。

人格を否定されたり、
貶められたりすると、
怒りが湧くのは自然な感情です。

しかし毎日のように受け続けると、
感情が鈍磨して(自分を守るため)

「たいしたことではない」
「いつものこと」

というふうに認識してしまいます。

人を貶める人からは
逃げないと危ないのですが、
このような危険を感じる力が
鈍ってしまうと、逃げるのが遅れます。

子どもが自分で自分を守るための
危険察知能力が身に付かないのです。


具体的な例を挙げておきます。
(※フラッシュバックに注意してくださいね)


旗人格や性格を否定

「何をやらせてもダメだね」
「可愛げのない子ね」
「わがままな子ね」
「バカじゃないの」
「わるいことばかりして」
「ダメな子(わるい子)ね」
グズ・のろま・役立たず
怠け者・落ちこぼれ・ルーズ
ずるい・うそつき・最低

旗意欲・やる気を失う

「あなたには無理」
「できるわけないでしょ」
「何やってるの」
「何回やればできるの」
「(頭ごなしに)やめなさい」
「どうしてできないの」

旗恩に着せる(依存的)

「あなたのためを思ってやってるのに」
「あなたのために我慢したのに」
「あなたのためにと苦労したのに」
「一生懸命育ててやった(やってる)のに」

旗冷たく突き放す

「もううちの子だと思わない」
「あなたにお金をかけたって無駄」
「どうせいつかは出て行くんだから」

旗感情をぶつける

「出て行け」
「死んでしまえ」
「顔も見たくない」
「もう、知らない!」
「勝手にしなさい!」

旗人の目を気にする

「みっともない」
「世間に顔向けできない」
「親の立場も考えなさい」
「恥ずかしい・恥さらし」

旗比較

「お兄ちゃん(きょうだい等)に比べてお前は・・」
「○○ちゃんを見習いなさい」

旗意見を言わせない(価値の貶め)

「生意気言うな」
「口出しするな」
「あなたの話なんて聞く必要はない」



こんなことを言われ続けたら、
自尊心も意欲も奪われてしまいます。


これらは、言われた人ではなく、
言う人の持つ問題です。
言われた人は、
言われた言葉を背負わなくていいんです。
他者の問題を背負わなくていいんです。
あなたは何もわるくない。


言われたことを、同じように誰かに
言ってしまわないように、
傷ついた心に気づいて
本来の、素晴らしい生きる力を持つ、
大切な自分自身を、取り戻したいですね。


良い親にならなくてもいいんです。
見本のような優秀な親にならなくてもいいのです。
完璧な人間がいないように、完璧な親もいませんよね。


自分らしさを、自分自身を尊重すること、
自分に合ったやり方で、
無理はせず、自分に優しくすること。
それが大切なんだと思います。



by ひまわり 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。