メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに八つ当たりしそうになった時

疲れていたり、イライラしていたりすると、

つい感情的になって子どもにキツい言い方

をしてしまったり・・そういうことって

ありますよね。

でも、それが常態化してしまうのは

子どもにとっても、自分にとっても

よくないですよね。

私もそんな悩みを抱えていたときがありました。

このままではいけない、と思い、

こんなふうに考えて実践していきました。



“ 感情 ”に良い・悪いはありませんよね。

イライラや怒りも“ 感情 ”で、

“ そう思う・感じる ”ことが悪いのではないですよね。

大切なことは“ その後どう行動するか ”だと思います。



◆人は右脳で感じ、それを左脳で考えて行動するそうです。

 右脳と左脳の連動がうまくいかず、右脳で怒りを感じたまま
 
 表現してしまうと“キレる”という状態になるそうです。

 子ども時代に右脳と左脳の連動器官が発達していないと

 キレやすくなるそうです。

 子どもに対してカッとなって、 怒鳴ってしまうのも

 そういうことなんですね。



なので、意識して、感じたことをそのまま表に出さず、

どう表現すればいいのかをまず考え、そして行動する。

私も、少しずつ時間をかけて練習しました。



「そんなことは頭ではわかっているけど・・」

と思っていた時期もありました。

イライラが重なるときって、余計にそうなりやすいと思います。

苛立ちは疲労のもとですから、疲れているのに

気力や体力なんて出てこないですよね。脳も働きません。

でも、「本当に、心から願えば、なりたい自分になれる」

そうです。 今は私も本当にそう思います。



◆イライラするのは、性格ではなく、気持ちですよね。

 誰しも楽しい・うれしい感情があるように、

 人間ですからイライラや怒りの感情もありますよね。

 そして、その人の特性によって、

 感情表現の大きさ・激しさが異なるのだと思います。

 それが良いとか悪いとかではないですよね。気持ちですから。

 自分の特性・気質を知り、それに合った表現方法を考える。

 そのときどう表現すれば適切なコミュニケーションが

 とれるのかを、自分に向き合って考える。



・・でも、疲れていたら、そこまで考えられない。

投げやりになりそうなときもあると思います。

「自分はそんなことが本当にできるのか?」

そんなふうに自分を疑うこともあると思います。

でも、なりたい自分が漠然とでもわかっていて、

どうすれば子どもに対して適切な対応ができるのかも

頭ではわかっていて。・・だけど感情(イライラ)の

比重の方が重くて思うようにコントロールできない。

そんなふうに悩む方も多いのではと。でも、

“ 本当に ”こうしたい、こうなりたいと思っていたら、

そうなれると今は思います。

そう思えば、願えば、 脳にスイッチが入り、

その方向に向くそうです。



◆とにかく、まずは、「そんなふうになりたいから実行する」

 という「気力」と「体力」を取り戻すためにも、

 「なぜ私はイライラしてしまうんだろう?」と思ったら

 「私は、イライラしたら子どもにやつあたりしてしまうんだな」

 と、そんな自分を責めず、否定せず、そのまま受け入れます。

◆「イライラしたりしない、怒らないお母さんになる」

 ではなく、完璧な人間・母親はいないのだから、と

 “ イライラする前に気づいて心と身体を休めよう ”と考えます。

◆自分にとってのイライラの元をさがします。

 どうしたらそのイライラが減るのか考えて実行します。

◆イライラしてきたな、と思ったら横になたり、

 好きな音楽を聴いたり、リラックスを心がけます。

◆自分のイライラしそうなタイミングをさがします。

 八つ当たりする前に心と身体を休めるために。



もちろん、すぐにはできないですよね。

でも、少しずつ、ゆっくりと、時間をかけて、

「子どもと一緒に自分も成長する」

ことをあきらめなければ、

きっと「なりたい自分になれる。」

今はそんなふうに思っています。

        
         byひまわり



スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。