メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスの対処法

一口にストレスと言っても、
その感じ方は人それぞれですよね。


ストレスとは、
外からの刺激や、状況(ストレッサー)により、
個人の物事の受け止め方や考え方による反応の
ことであり、一般的には、精神的な緊張や
負担のことを指しています。

また、ストレスに対処する方法を
ストレスコーピングと言うそうです。
ストレスが溜まると、
イライラして八つ当たりしたり、
物事の冷静な判断が難しかったり、
溜まり過ぎると健康を損なうこともあるので、
ストレスをどのように受け止め、対処するか、
ということはとても大切なんですよね。


さて、その対処法(コーピング)には、


1ストレッサー(刺激)に対するコーピング


ストレス要因であるストレッサー(刺激)
を明らかにし、なくす、減らしていく方法


2評価に対するコーピング


「こうあるべき」や「こんなふうに思われている」
などの思い込みや自分を追いつめる思考を変える方法


3反応に対するコーピング


身体反応(緊張や動悸)に対処する方法
リラクゼーションや腹式呼吸・自律訓練法


4社会的支援を活用するというコーピング


まわりの人の助けを借りる,という方法。
受容や共感を得る、カウンセリングを受ける。




このようにさまざまなコーピング(対処法)
があるのですが、まずは自分はどのような傾向に
あるのかを知る事が大切だと思います。

ストレスの感じ方には、
その人の現状や生育環境など、
その人特有の背景が関係するようです。

2の評価へのコーピングにあるように、生育環境により
「こうあるべき・こうあらねば」
という”べき思考”のクセがついていたり、
「こんなふうに言うと、こんなふうに思われる」
「こんなことをすると、こう思われるに違いない」
というような他者の顔色を伺うクセがついている場合、
同じストレスでも、それらのクセがない人の
何倍、何十倍となって身体と心を
苦しめる事もあるかもしれません。


このような自分の思考のクセを知る事が、
ストレスの適切な対処へと繋がっていくのですね。


1のストレッサーに対するコーピングの方法の具体例として、

クローバー自己主張する

自分の気持ちや考えを素直に表現すること
お互いを尊重するコミュニケーション
アサーティブなコミュニケーション
アイメッセージ親業

クローバー相談する

気持ちに共感し、受け止める姿勢で
聴いてくれる人を持つことはとても大切です。
自分は大切な存在なんだ、という自己肯定感や、
見守ってくれる人がいる、という安心感が得られます。
※相談者は吟味しましょう。

クローバー逃げる・離れる・避ける

とても重要です。
例えば自分さえ我慢すれば、と
誰かの感情のはけ口にならなくていいのです。
他者は変えることはできません。
人格否定や貶めるなど暴力的な言動をする人
からは逃げる・離れることもできます。


そしてまた2の評価へのコーピングの具体例としては、

クローバー認知の歪み(べき思考など)に気づき、修正する
・なぜ、そう思うのか考える。
・本当にそうなのか、考える。
・人の数だけ感じ方や考え方があることを知る。
・”べき”に従わなくてよい。

クローバー過度の一般化に気づき、修正する
(過度の一般化とは、ひとつの出来事が
 大きく見えて、他が目に入らないこと。
 ひとつ失敗すると、すべて失敗すると思い込むような事。
 「こうなったのは、わたしのせい」
 「すべてはわたしがわるいんだ」)

・視野を広げる
・安心して話せる人に自分の考えは
 本当かどうか聴いてみる

クローバー自分に優しくする

・(不調な時)まぁ、そんな時もある
・無理せず、自分のペースでいい
・わたしはよくやっている、など、
追いつめる言葉でなく、励ます・労る言葉に変える。



ストレスをどのように扱うか、ということが
自分の能力を存分に発揮できるかどうか、
に関わってくるそうです。
子どもにも身につけて欲しいですよね。
子どもは親の生き方を学習するようですから、
まず親が身につけることが大切ですね。



健康にも深く関わってくることなので、
選択肢をいくつも持って、
ストレスを溜めないような
対処法(コーピング)を身につけたいですねクローバー

by ひまわり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。