メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの感情を抑圧する関わり 具体例

モヤモヤはしているけれど、
このモヤモヤが何なのか、よくわからない。
どうすればいいのか、わからない。

自分が本当にやりたいことなんて、わからない。
考えるのも、面倒になってきた・・

感情を大切にしてもらえずに育つと、
そんな生き辛さを抱くようです。
自分の感情・気持ちを大切にすることは、
自分を大切にすることです。

(感情を大切にする=感じた気持ちに、
 心からこれでいい、と思えること)


気持ちを大事に扱うことで、
自尊感情が生まれます。

自分の気持ちを大切にできないと、
他者への思いやりも生まれません。

自分が今、何を感じているのか、
どうしたいのか、わからなくなるのは、
幼児期の親子関係と密接に関わってきます。



例えば、Aちゃんが妹と遊んでいると、
妹がAちゃんのおもちゃを取り上げました。

Aちゃんは、お気に入りのおもちゃを
妹にとられてイヤな気持ち。

ママは、Aちゃんの気持ちを汲み取ることなく、
「お姉ちゃん、かしてあげて。」

Aちゃんが仕方なく他のおもちゃで遊んでいたら、
妹がそのおもちゃを壊してしまいました。

大事なものを壊されて、Aちゃんは腹が立ちます。
自然な感情なのですが・・。

ママは、
「もう、そんなに怒らないの。
 妹はまだ小さいんだから、仕方ないでしょ。」

怒ること(感情表現)を禁止されてしまいました。


ママは、Aちゃんが楽しい時やおとなしい時は
いいのですが、怒ったり泣いたりすると
怒りだしたり、機嫌がわるくなったりするので、
Aちゃんには、怒ることや泣く事はわるい事、
とインプットされていきます。

親の望むように感じなければ
愛してもらえない、
見捨てられる、との恐怖から
感じた気持ちを押し殺すようになっていきます。


気持ちを抑えつけることが続き、
Aちゃんには不満が溜まっていきます。
不満は表情にあらわれるので、
ママはそれを見て
「可愛げのない子ね」とますます
疎ましく思う、という悪循環が生まれます。
Aちゃんはそのうち楽しいときも
心から楽しく思えなくなっていきました。
ママの反応が気になって・・



また別のケースでは、

「宿題は済んだの?勉強しなさい」

「これくらい自分でやりなさい」

と、親にいつも言われているBくん。

勉強やお手伝いをすると親が喜ぶので、
本当はやりたくないけど、やっています。
勉強やお手伝いをしていると、
褒めてもらえて、親の機嫌がいいからです。


本当にやりたいことは我慢しているのですが、
それが続くと、そのうち親の望みどおり生きることが
Bくんの生き方の基盤になっていきます。

本人にも意識できないまま、
自分の欲求を我慢して親の欲求を満たす、
という役割を演じて生きていくことになります。

しかし、自分の気持ちを押し殺している事は
変わらないので、心と身体に負担がかかってきます。
楽しくないからです。

心から楽しめないことをやり続ける、
望まない役割を演じ続ける、
辛いと思います。
何も感じないようにしなければ
続かないかもしれませんね。


Aちゃんのケースでは、
Aちゃんの中に

感じてもいい感情と、
感じてはいけない感情がある。
という思考回路が生まれてしまいました。

「こんなふうに思うなんて、
 わたしはなんてダメなんだろう」

「普通はこう思うのに、わたしは・・」

感情に良い・わるいはないのですが、
自分にバツをつけて責めてしまいます。


Bくんは、
イヤなことをすると褒めてもらえるので、
人が嫌がることも率先してするようになりました。

そうすれば認めてもらえるからです。
いい人、と言ってもらえます。

自分がいっぱいいっぱいでも、断れません。
周囲の期待どおりの”いい人”でいないと、
自分の存在価値がなくなる、ように感じます。
期待に応えないことが怖いのです。

仕事中毒、と言われる人も、
周囲の期待に応えたい、と言う意味で
当てはまるかもしれません。


二人に共通するのは、

自分の本当の気持ち、
本当の欲求はわからない、ということ。


誰かの望み通りに生きて、
自分の望みは無視し続けると、
わからなくなるんですよね。


自由に楽しんでいいよ、といわれて
やってみようとするのですが、心から楽しめません。

自分は本当は何がしたいのか、
どうすれば満たされるのか、

具体的に出てきません。


指示されないと不安です。
これでいいのか、
自分の感覚に自信が持てません。



どちらもとても生き辛く、
心と身体に負担になるので、
心身症を発症する可能性もあります。


昔はそれでよかった子育ても、
時代とともに進化しています。

気持ちを大切にする子育てが、
求められているのだと思います。

子どもの身体の栄養バランスとともに、
心の栄養バランスについても、
考えておきたいものですよね。


by ひまわり

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。