メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過干渉とは

不適切な親子関係として、親の”過干渉”があります。

体罰と同じように、親側からすれば”しつけ”や
”子どものため”として行われることも多いようです。

また、適切な子どもとの関わりや、子どもの発達課題を知らず、
子どもの頃に自分の親がしていたことを
そのまま繰り返していることも多いようです。

旗過干渉とは
■子どもを親の思うとおりに
コントロールしようとすること。

■子どもの望むことではなく、親の望むこと、
子どものやりたいことではなく、
”親がして欲しいこと”をさせること。

■親の中の”理想の子ども像”
”子どもはこうあるべき”枠の中に
子どもを当てはめようとするもの。

■子どもの思いよりも
親の感情や考えを優先させる、など。

このような親子関係は、
支配・被支配という主従関係になり、
人間関係としても不適切です。


旗過干渉の例

■言葉がけの例(指示・命令系)

・早くしなさい
・勉強しなさい
・片付けなさい 

・ダメ
・やめなさい
・静かにしなさい

・もっと大きな声で話しなさい
・しゃんとしなさい
・ダラダラしない
・ハキハキしなさい

・あんな子と付き合っちゃいけません
・あの子とはもう遊ばないのよ

■親の考え方の例

・時間に厳しく、寝る時間、食べる時間などきっちり
 決めて子どもをそのとおりに動かそうとする。

・苦手なことは克服しなければならないと思い、そうさせる。

・食べ物の好き嫌いは直すもの、と思い、そうさせる。

・箸の持ち方・食べ方などに厳しく、こぼさないように
 しなさい、とお行儀よくたべさせようとする。
 
・我慢させることで精神的に強くなる、と思っている。
 
・自分で選べるようになっても、服装から遊びまで、
 親が決めたものを与える。

・挨拶はしなければダメと思っていて、必ず挨拶をさせる
 「”ありがとう”は?」「”ごあいさつ”は?」など。

・活発で明るい子が良いと思っていて、人前でもじもじしたり
 人見知りする子は直そうとする。

・親が習い事を決め、行かせる、など。


親自身も気づいていないことが多いのですが、
「子どもはこういうもの」というような
親にとっての”理想の子ども像”があって、
そのとおりでならなければならない、
というような思い込みが強く、
子どもの個性や気持ちに関係なく、
理想どおりにさせようとしてしまうんですね。

子どもの自主性や主体性(やる気)は、
”やりたいこと”の中で育まれます。

しかし、親の過干渉でやりたくないことばかり
やらされると、疲労感、不快の感情が残り、
やる気はどんどん奪われていってしまいます。

自分がやりたいことは、やる気も起きるし、
達成感があります。快の感情です。

これが心に作用して、
前者は不満や怒りが溜まっていき、
後者は自信へと繋がります。

やりたくないことでも、やらないと困るようなことは、
言い方、伝え方、なぜ困るのかの理由を話すなど、
押し付けられるのでなく子どもが納得してすることが大切です。
(適切な伝え方はアイメッセージ参照


ああしなさい、こうしなさい、
これはダメ,など親の指示や命令で
     矢印
やりたくないが親が喜ぶのでする
     矢印
親の機嫌がよくなり、喜ぶ
     矢印
親の顔色をみて・親が喜ぶことをする
     矢印
評価に過敏になる
他者の評価を気にするようになる
     矢印
主体性がなくなる
自分で感じて・考えて・行動できない
自分を見失う・自己不全感
自分の存在に自信が持てなくなる


”子どものため”と思っていることが、
本当にそうなのか、考えてみることはとても大切です。

過干渉は、親自身の生育環境にも関わってきます。
支配・被支配の環境で育った人は、
人間関係自体がそうであると学習してしまいます。 

このように、親の望みを、
子どもで満たそうとしてはいけないのですが、

”これがしつけ”で、”そうするもの”と
思っていると、なかなか気づけず、
思春期頃、良い子と思っていた子どもが
”何を考えているのかわからない”
”やる気がない”、不登校・引きこもり
家庭内暴力など、問題行動を始める、
ようになってしまうことも多いようです。

子どものためと思ってしていたのに、
それが子どもの心を壊してしまっていた
というようなことにならないよう、
子どもとの関わりを見直してみたいですね。


byひまわり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。