メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の働き 防衛機制

欲求が満たされない状態や
心の中で葛藤が起こった時、また、
思いがけず危機的状況に陥った場合に、

適切な対処や、他者からの援助などで
不安や苦痛を回避できればいいのですが、

そのように回避できない場合に,
自尊心に傷がつくことや、
心の分裂、崩壊を防ぐための
心の働きを防衛機制と言います。

自分の心を守るすべでもあるのですが、
防衛機制を濫用することで、それが
不安を解消する際のパターンになってしまうと、

主体性が失われ、人間関係がうまくいかなかったり、
神経症が発症するなど、生き辛さの原因になるようです。


防衛機制の種類



旗抑圧

不安や苦痛から逃れるため、
自分が承認できない欲求や思考、
感情・記憶などを無意識下に
押し込めようとする。

・こんなふうに思ってはいけない
・甘えてはいけない、など。

無意識下におかれると、問題自体に
本人が気づかなくなることもある。

・親に甘えたいが、受け止めてもらえない、
 イヤな顔をされるので、我慢する。

・親に怒られてばかりいる子どもが、
 自我の崩壊を防ぐために
 親の叱責によって起こる感情を抑圧する。
 これが続くと、感情全般が慢性的な
 麻痺状態になることもある。


旗置き換え

欲求の対象を別のものに置き換えて解消すること。
自分の欲求に気づいていない場合が多い。

・八つ当たり行為
・夫への愛情欲求を子どもに向ける
・親への怒りを親に似た人や子どもに向ける


旗退行

現在より未熟な段階の思考・言動に逆戻りすること。

・赤ちゃん返り
・指しゃぶり、おねしょ


旗逃避

直面することが困難な状況から
逃げることで心の安定をはかること。

・空想への逃避
 現実とは違う空想や白日夢の世界に浸る
・家庭に問題がある人が仕事にのめり込む


旗取り入れ

親やまわりの人が期待する人物像を
自分の中に取り入れ、いつしかそれは
自分の中に元々持っている自分自身だと
認識してしまう。

・評価による罰や孤立を防ぐため、
 周囲の期待どおりに行動する


旗投影

自身が承認できない感情や欲求を
相手が持っていると責任転嫁することで
自責の念を和らげようとする事。

・自信のなさをカバーするために
 攻撃的になっている人が、
 似たような人に対して
 相手も敵意を持ち攻撃してくると
 思い込み、さらに憎み、攻撃する

・自分が愛しているから、相手も
 自分を愛していると思い込む


旗合理化

自身の行動や感情をそのまま認めると
傷つく場合、もっともらしい理由を
つけて自分を正当化しようとする。

・子どもを叩く親が、
 「叩かなければわからないからだ」
・する必要のあることを、
 理由をこじつけてやらない


旗反動形成

抑圧された感情や欲求とは正反対の
行動や性格をつくりあげること
本心とは裏腹なことを言ったりしたりする

・好きな子に意地悪する
・出世できないことを恐れて
 上司に必要以上に媚びる
・拒否を恐れて親への怒りを抑圧し、
 献身的に尽くす


旗同一視

憧れの対象や自分より優れていると
感じる人と同一視し、自分のことの
ように思う。または表面的なまねを
することで劣等感を払拭しようとする

・アイドルやカリスマと言われる人の
 服装や態度を真似る
・学歴に劣等感のある親が、子どもに
 学歴をつけてコンプレックスを解消
 しようとする


旗否認

自分にとって都合のわるいことや、
受け止められない状況を
なかったことのように無視する。
嘘をついているのではなく、
本当になかったと思い込んでいる。



他にもあるようですが、
このように、自分を守るための
さまざまな心の働きがあるんですね。

人間関係がうまくいかない時、
相手の言動でイヤな気持ちになった時、
自分の、相手の防衛機制のパターンから、
言動の裏側に隠されている感情や欲求が
見えてくる事で、スッキリできることも
あるかもしれませんよね。


by ひまわり





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。