メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病について

うつも、私が発症した頃(10年程前)からすると、
よくある病気のひとつになったように思います。

たいへんポピュラーな病気、だそうですよ。

さまざまな統計があるようですが、
一生のうち、かかる人が
女性20%、男性12%前後
という統計結果もあるとか。

心の風邪、とも言われていますが、
原因は脳にあるようです。
脳内のセロトニンやノンアドレナリン
などという神経物質の減少、
また前頭葉の血流の低下、など。

前頭葉と言えば行動を起こす領域で、
意志・意欲・人間らしい抑制など、
いかに生きるか、という判断をする
場所ということなので、ここの
血流が低下するとうつになる可能性が
あるというのも、納得ですね。


うつも、心と身体のサインだと思っています。

「しばらくお休みしてねラブラブ

というサイン。

「頑張り過ぎ~~あせる限界なので休ませて~汗

と、身体が教えてくれているんでしょうね。



うつ病の症状


クローバー気分の落ち込み(ほとんど一日中)

クローバー今まで楽しめていたことも楽しめなくなる

クローバー体重が1ヶ月以内に5%増減

クローバー不眠、または過眠

クローバー精神運動性の焦燥、または制止
(動作や会話の速度が遅い・または気分が焦っている)

クローバー疲れやすい、または気力が湧かない

クローバー自分への不信感、または罪悪感を感じ、自分を責める

クローバー考えがまとまらない、集中できない、決断できない

クローバー生きていても仕方ないと思う
 特別な計画はないが反復的な自殺念慮


以上の項目のうち5つ以上が2週間以上
続くときは、うつ病が疑われるそうです。
(DSM-IV)


経験から思うのは、重症になる前、
軽度のうちに気づいて治療すること、です。

私の場合は、8ヶ月間、
1日トータルで平均18~22時間寝る、
ということが続きました。
何もできないので大変、困りますよね。

やはり、早期の治療が
早期回復に繋がるようですヒヨコ


うつについてのお話は、
もう少し続けま~すニコニコ


by ひまわり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。