メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白黒思考の問題点

アダルトチルドレンの問題に、白黒思考があります。


旗白黒思考

「誰からも愛されている」か
「誰からも嫌われている」か、
そのいずれかだけというように、
自分の中にいつも二者択一の選択肢しかない。

    (習慣化された思考参照)


というものなのですが、
これは何が問題なのかというと、
※*選択肢が少ない※*ことだと思います。

0か100か、白か黒か、
ということは、

選択肢が2つしかありません。


0と100の間には
他にも1~99という多様な選択肢がある。

白と黒の間にも、
グラデーションにしてみると、
無数の色のバリエーションがある。


それが、0と100。白か黒。

もったいないですよね。


子どもの将来の選択肢が
たった2つしかなかったら、
と考えてみると、怖いですよね。

どちらにも進めないとなると、
絶望を感じてしまいそうです。


白黒思考はそのような危険を孕んでいます。


そしてこの思考は、

・潔い
・ハッキリしている

のように良く捉えられることもあります。


しかしそれは、生きていく上で必要な
”自己選択の力”とは違います。

・視野の狭さ
・想像力の乏しさ
・柔軟性のなさ

と言い換える事ができるものです。




これは非常に危ないんです。


追いつめられた時、
生きるか死ぬか、になるかもしれません。



その他にも助かる方法、
現状から抜け出す方法があるのですが、

こうした白か黒、という両極端な考え方自体が

*考え方のクセ、

*脳の働きのクセ なので、

追いつめられて思考能力が鈍っている時は
尚更、広い視野への方向転換が難しくなります。


また、それまで慣れ親しんだ考え方ですから
まわりの人には危険であることがわかっても、
本人にとってはその方がラク、
ということもあります。



不安が高く、自分に自信が持てない人は、
考え方の方向転換そのものに
不安を感じます。


「本当にうまくいくんだろうか」

「どうせ私には無理」

「どうせダメに決まっている」


・・これも思考のクセですねあせる


このように生き辛くさせてしまう親の関わりとして、

旗選択を吟味する余裕を与えられない

 「ハッキリしなさい」

 「さっさと選びなさい」

旗選ぶことの意義を感じられない

 「どれも一緒でしょ」

 「どうせ汚すんだから
  どれでもいいじゃないの」

旗選択権がない

 「これにしなさい」

 「これじゃないとダメ」

 「そんなものやめなさい」

 「女の子(男の子)なんだから
  こっちにしなさい」


白黒思考の視野の狭さや想像力の乏しさは、
共感力にも関わってきます。


*白か黒の2つしかないので、
それ以外を選択する人、
あるいは自分への共感がしにくい。


共感能力そのものが
想像力でもあります。


想像力を豊かにするには、
いろんなものを見て、感じること、ですよね。


「こんな考え方があるのか」
「このように感じることもあるんだ」


しかし、親が

・先取りして決めてしまう
 
・自分の思う方向と違うものには
 バツをつける

というふうに子どもの視野を狭めてしまうと、
多様な考えや感じ方が存在することを
知らずに育ってしまいます。



人の数だけ考え方や気持ちがあるので、
白と黒の2つにはおさまりきらないのですが、

自分自身の感じ方が水色やピンクの時、
白でも黒でもないので
そんな自分を認められず責めてしまいます。

それが他者の場合は

「考え方がおかしい」
「そんなふうに感じる方がわるい」
「普通はこうする」

と決めつけてしまいます。



クローバーこれくらいでいい、

クローバーまぁまぁ、ここまでできたらOK


という”良き加減”が難しいんですね。



そのように自分に厳しいと、
子どもにも厳しくなり、
”完璧”を求めてしまいます。





”選ぶこと”は想像力を豊かにします。

いろんな考え方や感じ方があることを知る事ができます。

それは自分を他者を尊重することです。

”自分で選べる”ことは、自分自身にOKを出す、

「わたしのままでいいんだ」

と思えることに、繋がるんですね虹




by ひまわり
スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。