メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の栄養 アファメーション

クローバーアファメーションとは

自分を肯定する言葉、心に栄養を与える言葉がけのことです。


機能不全家族で育つと、自己肯定することは
なかなか難しいですよね。


親からダメな子、わるい子、など、
不適切な言葉を日常で受け続けると、
それが脳に刷り込まれてしまうので、

何かできないことがあったとき、


「また、やってしまった」

「どうして、できないんだろう」

など、刷り込まれたことを
そのまま自分に向けて責めてしまいます。


それらは、言わば

”親が書いた脚本”のようなもの。


そして、無意識のうちに
その脚本通りに生きてしまっている、
と言えると思います。


アファメーションは、
そんな思考の方向転換に役立つ
ひとつの方法です。



例えば・・私の場合。
こんなふうにしました。


ドキドキできないことがあったとき、

「どうして私はこうなんだろう」

と思ったら、思考の方向転換のチャンス。

「あっ、また責めてる」
とここで自分を客観視します。

さぁ、転換、転換・・と深呼吸して

「まぁいい、まぁいい」
「できないことがあってもいい。」

こんな感じでした。

これが不思議なもので、
続けていくと、新たにクセになってくるのです。
脳の回路が新しく作られるんですね。


ドキドキもうひとつ、紙に書いて見えるところに貼っていました。

ラブラブ頑張らなくていい

(・・あとふたつぐらい書いてたのですが、
 忘れてしまいましたニコニコ


今の自分にしっくり来る、
自分のための言葉を探します。

ラブラブ私は私のままでいい  

もいいですね。


ラブラブ私は、なりたい自分になりつつあります

ラブラブ私は、なりたい自分になるために前進中です

と、現在進行形で言ってみるのも

しっくりくるかもしれませんね。



「わたしは大切な人間です」

などもあるのですが、肯定の言葉だと、どうも

「いや、やっぱりそう思えない」

という心の声が聞こえてきたら、

ラブラブ今はそう思えないけれど、そんな私も受け入れます。

と、今の自分にOKを出し、

ラブラブ自分を大切だと思える私になりつつあります

と、現在進行形に変える、など。


褒めることもいいですね。

ラブラブ私は今日、○○をすることができました。
スゴいと思います。

ラブラブ私は今日、とても頑張りました。
本当に、よく頑張ったと思います。


なんだか、嬉しくなりますよね音譜



自己暗示に近いですね。

疑い深いアダルトチルドレンの常でしょうか、
最初は「そんなことで・・」のように
思ったこともありましたが、

考えてみると

親に毎日のように否定など
不適切な言葉をかけられることと
同じ事なんですよね。


ダメ、ダメと言われて、私はダメ、
と否定の自己暗示をかけたのですから、
その繰り返しをおしまいにして

今度は肯定の自己暗示をかける、
ということなんですね。

否定の自己暗示にかかったのだから、
肯定の自己暗示にもかかるはず。
そう思いました。



自分で自分に言っても、
今ひとつ信じられない、
素直にそのように思えない場合は、

まず誰かに言ってもらうことも効果的ですクローバー



言霊っていいますよね。
言葉には力があると思います。



夜寝る前や、心が落ち着いているときなど、
無理はしないように続けていると、


心に栄養が溜まって、
子どもにも自然に肯定の言葉を
かけることができるようになると思いますラブラブ


生まれ持った生きる力を取り戻す方法は、
たくさんあるんですよねラブラブ



by ひまわり

スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。