メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人にどう思われるかが気になるのは・・

“ 私はあの人にどんなふうに思われているんだろう ”

“ こんなふうに思われたんじゃないか ”

“ こんなことを言うと、こう思われるんじゃないか ”

そんなふうに思ってモヤモヤすることはありませんか?

育児中だと特にママ友との関係でそうなることが

多いかもしれませんね。


人の目を気にしてしまうことは誰でもあると思います。

そしてそれは社会のルールを守るという点では

非常に大切なことでもあります。


しかしそれも程度問題で、いつでもそんなふうに

考えていると、他人の目から見た自分、つまり

他人が望む人物像を演じてしまうようになる、

そんなケースもあって注意が必要です。


「本当はこんなふうに思っているけど

 それでは相手に嫌われるかもしれない」、

「ほんとはこうしたいけどこの場合は

 こうしなきゃいけないのかな」などです。


そうすると、自分の本当の望み、気持ちを押し込めて

無理やり状況に合わせることになってしまいます。

そんなふうに感情を抑圧したままの自分に気づかないでいると、

それらはそのまま心に蓄積していきます。ストレスの原因ですね。

不満が溜まると同じような人が集まって陰口を始めたり・・

そんなケースもよくあるんじゃないでしょうか。

でもそれはいじめの原因にも繋がるので、

大人がするのは問題です。子どもはよく見ています。


でも、結局そういうのは長く続かないですよね。

抑圧されたものは適切に浄化しなければ溜まる一方ですから

何かのきっかけで爆発するかもしれません。


自分は正当な理由があるつもりでも、まわりからすると

「この人どうしてこんなに怒っているんだろう?」

「そんなに怒らなくても・・」と、今まで積み上げてきた

信頼をなくすような状況になってしまいかねないです。


それは多くがその時の状況だけに怒りを感じているのではなく、

蓄積された怒りもプラスされてでてきてしまっているので、

周りは余計に「そんなに怒るようなことかな?」となるんですね。


怒りを向けられた人はたまりませんよね。

そうならないためには、やはり過剰に人目を気にせず、

自分の感情、そのとき感じたことは

その都度適切に吐き出しておく、それが大切だと思います。


もちろん、感情のままに行動・言動していたら

八つ当たりになってしまいますので、

表現方法は考えないと、ですよね。


おかしいな、私とは違うな、と思っても、

ある程度、相手の気持ちをくみとりながら

うまく自分の気持ちも押し込めることなく

表現できればいいですね。

そんな時はやはりアイメッセージが有効です。


自分の気持ち・思いを否定せず責めず大切にしていると、

人がどんなふうに思うかどうかが基準にはならなくなります。

安心感を持てたら、自分に自信が持てるようになるんですね。

過信ではない自信と、選択の自由があれば、

自分を信じることができます。

自分にとって心地よいか良くないかは、

人が決めるのではなく自分ですもんね。

まずは、自分自身が人にどう思われるかをどの程度

気にしているのか、今一度確認したいですね。


        byひまわり

スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。