メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれ持った本来の生きる力

わたしが本来のわたしを取り戻す作業で

最初に出逢ったのがエンパワメントの概念です。


クローバーエンパワメントとは


誰もが生まれながらに持っている可能性、
感性など、素晴らしい生きる力を取り戻すこと。



人が、生きていく中で経験する

さまざまな抑圧により、

生まれながらに持っている資質を

存分に活かすことができなくなったとき、

自分を否定したり、他者と比較し卑下するなど、

ありのままの自分自身を

大切な存在だと思えなくなってしまいます。



旗外(親・教師・社会的評価など)からの抑圧

 比較 差別 暴力 無視
 競争 過剰な期待



こうした外からの抑圧により、

本来持つ力が傷つき、

今度は自分で自分を抑圧してしまいます。




生まれ持つ力を信じることができなくなり、

こうあるべきという理想に近づこう、

何かを成し遂げよう、

何者かにならなければ、と

そうでなければ生きる価値がない、

というふうに、

ありのままではダメだ、

と思うようになってしまうんですね。




そのような外部の、そして自分自身の抑圧に気づき、

すでに持っている可能性や感性、個性を活かせるように、

わたしはわたしのままで素晴らしい存在である、

と心から思えるようにすること、

生き直しの作業をエンパワメント、と言います。



エンパワメントは、

「力を"つける"」というふうに訳されることも

あるようですが、違うんですね。



"力"は、誰もが元々"持っている"のです。



これは大きな違いなんです。



例えば、

すりむいて怪我をしたとします。

消毒して薬をつけて、刺激から

守るためにガーゼで保護する、

そのように大事にケアすると治っていきますよね。

治る事で元の機能を取り戻せます。


しかし怪我をそのままにしてほうっておく、

または処置せずに、見えないように

上から何かで覆ってしまうと、

傷は見えませんが、

消毒などの適切な処置をしていませんから

膿んでしまうこともあります。

更にそれを知られたくなくて

もっともっと見えなくしようと

上から覆いを被せていくと、

傷は、呼吸できずに更に膿み、

膿は患部から広がっていきます。



前者がエンパワメント、です。

後者が力をつける、強くなる、

と表現されるようなことですね。



全く違いますよね。



エンパワメントは、自分らしく

生き生きとした人生を取り戻すと共に、

自分の生まれ持った素晴らしい力、

"すでにここにあるもの"

に気づかせてくれることでもあるんですね。






わたしがエンパワメントを知ったのはこの本です。


エンパワメントと人権―こころの力のみなもとへ/森田 ゆり




このブログでも何度か紹介してきました。



この本にあるのは、希望です。

あたたかなメッセージがあります。

今でもわたしのバイブルとなっています。




by ひまわり
スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。