メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

してはいけない子育て

してはいけない子育てがあります。

残念ながらそれは、私たちの子ども時代には

"しつけ"として行われることもあったようです。


そのために、

大人になって生き辛さを感じたり、

子育てに悩み苦しんだり、

というようなことが起こっています。



そんな”してはいけない子育て”が

今も"しつけとして"

"子どものために"と行われているとしたら、

早急に修正する必要がありますよね。

してはいけない子育ての例を挙げておきます。
以前ご紹介した交流分析の否定的ストロークは、

与えられるとイヤな気持ち・憂鬱な気持ちになり、

ストレスが溜まり・自信を失います。



 否定的ストローク

・言語的
 叱る・責める・皮肉を言う
 怒鳴る 一方的に命令する など

・身体的
 叩く・つねる・罰として食事を与えない など

・心理的
 返事をしない・無視する・嘲笑う
 にらむ・拒絶する など



また、

アダルトチルドレンを生み出す機能不全家族

で行われるものの中に

条件付きの愛情・脅しがあります。


 条件付きの愛情

「~~できないならうちの子じゃない」

「~~したからおやつをあげる」

「言いつけを守ったから抱っこしてあげる」

「100点とる子はママ大好き」

 脅し

「~~しないならおやつ抜きだよ」

「~~しないとパパに言いつけるよ」

「~~しない子は悪い人に連れて行かれるよ」

「いい子にしないと、ママもう行っちゃうよ」




親自身がそのように言われて育つと、

言葉は脳に刷り込まれているので

同じように言ってしまうこともあると思います。



そのような場合は、親が子どもに謝ることで

関係を修復することもできます。



しかし、

してはいけない子育て

子どものためだ、そうするものだとして

してしまう親もいるようです。



報道や、心理学の専門家が書かれた書籍等によると、

秋葉原の事件、酒鬼薔薇事件の保護者も

そうだったようですね。
家族カウンセラー中尾英司さんのブログ
 少年犯罪・家族事件簿 参照


中尾さんの著書
あなたの子どもを加害者にしないために


にもありましたが、酒鬼薔薇事件の保護者は、

子どもがあのような事件を起こしてもなお、

自分の方針を変えることはなかったそうです。



幼児期の子どもはまだ、

親の言うことを聞くこともあるのですが、

思春期頃から、子どもも気づいてきて、

親に欲求を満たしてもらうことを

あきらめてしまうようになります。

しかし否定的ストロークを受けた感情は

残っているので、それが鬱積し、歪む事もあります。


気づかない子も、問題行動を起こし始めます。

親に気づかれると怒られるので、

わからないように隠れてすることもあります。

鬱積した感情にも気づかず、

気持ちを持て余し、本人もよくわからない

生き辛さを抱えて生きることも多いです。




私たち現代の親は、多くの人が

"自分がされたこととは正反対の子育て"

をすることになるので、本当に大変なのですが、

結果的には、そうすることによって、

親子共にラクになれるんですよね。

子どもはのびのび育ち、

生まれ持った可能性を伸ばすことができるのです。




してはいけない子育てをしてしまうのも、

親自身のSOSなんだそうです。

親が自分のSOSに気づき、

適切な対処をすることで、

親も子も救われるんですよね。



by ひまわり
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。