メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適切な叱り方

“ 怒る ”ことと“ 叱る ”ことは違うのですが、
なかなかこの二つの線引きは難しいですよね。

そして、子どもと関わる中で、この線引きが曖昧だと、
怒りをぶつけてしまい、子どもの心を傷つけることになるかもしれないので、
ここはやはり自分の感情を把握しておきたいものです。

“ 怒る ”というのは、
“ 怒る ”ことと“ 叱る ”ことは違うのですが、
なかなかこの二つの線引きは難しいですよね。

そして、子どもと関わる中で、この線引きが曖昧だと、
怒りをぶつけてしまい、子どもの心を傷つけることになるかもしれないので、
ここはやはり自分の感情を把握しておきたいものです。

“ 怒る ”というのは、
何らかの理由で不快感を感じ、その感情をそのまま表現することですよね。

“ 叱る ”というのは、子どもを考えの中心におき、生きていくために
大切なルールを伝える、そしてまた、身を守る・危険から遠ざけるために
必要なことを説明すること、なのだと思います。
叱るというよりは、説明する、伝える、ということなのでしょうね。


しかし、親も人間なので怒りの感情が
ストレートに出てしまうこともあると思います。

そんなときは、冷静になってから、「子どもに謝る」
(さっきは怒りすぎたね、ごめんね、など)
ことができれば子どもは安心し、失敗してもいいんだ、
謝ることで関係が修復されることもあるんだ、
ということを学習できるそうです。
お友達との関係などでも活かすことができますよね。

“ 怒られるから ”と親の顔色を見ながら行動したり、
怒りそのものに怯えてしまい感情や行動を抑圧してしまうこともなくなります。

それともうひとつ、専門家の方に教わったのですが、
◆“ 命令や指示 ”でなく“ お願いする ”ということ。
「~しなさい」は“ 命令・指示 ”
「~してほしい」が“ お願い ”
指示や命令ばかりで動いていると、
本人のやる気、 自己決定能力が育たないそうなんです。
指示されないとどうしていいかわからないのは困りますよね。

◆“ 否定 ”でなく“ 気持ちを伝える ”
「ダメ」 は 「否定」
「やめて」 は 「気持ち」
この“ ダメ ”は言ってしまいがちなのですが、
こればかりだと自分を否定してしまうそうなんです。
自信をなくして親の顔色をうかがうようになってしまうんですね。

◆人格否定に繋がる言葉
「悪いことばかりして」
「悪いことするからでしょ」
“ 悪いこと ”と言ってしまうと、感情まで否定されたと感じるそうです。
言われ続けると子どもは
「自分は悪いことをしてしまう人間なんだ」
という自己否定感を持つようになるそうです。
 
 

親の思う“ 悪いこと ”の定義が、
◆してはいけないこと(社会のルール)
◆親がされたら困ること(例:家事ができない、用事が増える、
イライラしていたり、疲れているのでうるさく感じる)
これらのどちらなのか、で分ける必要がありますね。

 

なので、「してはいけない」ことなら、
「したい」という 気持ちは感じてもいいので、
行動に移すことがいけない、と説明するんですね。

「悪いこと」と言ってしまうと
感情まで「悪い」と思ってしまうので、感情が抑圧されてしまうんです。

気持ちは受けとめ「こうしたかったんだね」、
「でも~こういう理由でしてはいけないことなんだよ」
と言うようにしていきたいですね。
そうすれば子どもは罪悪感を持たずにすみます。
 

また、“ 親が困ること ”の場合は
「自分が今こういう状態だから、したくない、できない」
というふうに気持ちを説明してあげるといいそうです。

大人が自分の感情を把握できていないと、
子どもは混乱し、自己否定が積み重なり、やる気がなくなったり、
感情を抑圧し欲求を膨れ上がらせ、爆発するという
結果を招く原因になることもあるそうですから、自分の感情について考え、
線引きをして 適切に行動していくことが必要で、 それができていれば、
子どもも持って生まれた才能を発揮しながら成長できるんですね。

それと、子どもは1~2回言ったくらいで
すぐに次から行動に移すことができるわけではなく、
その都度言うことで徐々に覚えていくそうです。(大人でもそうですよね)
なので、「すぐにできなくて当たり前」と思っていると言うほうもラクですよね。

「何回言ったらわかるの?!」と思ってウンザリするのは、
最初からこちらが期待し過ぎているのかもしれません。
子どもはそういうものだ、と思うほうが気持ちがラクになると思います。

もちろん、とっさの危険な場合には、
その時に応じて判断することも必要ですよね。
冷静になってから状況を説明することもできます。
何よりも子どもの命が最優先ですものね。
スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。