メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもが危険から身を守るには

機能不全家族で育ついろいろな弊害

習慣化される思考・認知の歪み等)のひとつに、

"暴力"を"暴力"と認識できなくなる、

という大きな弊害があります。


機能不全家族には “安心” がないので、

"安心できる状態であるかどうか" という

社会生活において自分で自分を守るための

基本となるべき大切な感覚が育たないようです。

"危険を察知する能力" ですね。

命に関わってくるので、育たないと困る力です。



暴力は、残念ながら

集団生活の場にも溢れているのですが、

安心を奪われた場で育つと、

安心のない状態がその人にとって「当たり前」になるので、

安心感や自信、自由を奪われていることに全く気づけなかったり、

「よくあること」や「たいしたことではない」

というような認識でしかなかったりするようです。



例えば、学校などで先生の対応が、否定的だったり、

決めつけや押し付け、八つ当たりや脅しだったり、

尊重ではなく管理や監視という支配だったり、

というようなことも少なくないようですが、

それを暴力である、子どもの安心が奪われている

という認識がない保護者の方も多いようです。




暴力と認識はできなくても、心は荒んでいきます。

荒む原因となる暴力を認識できないので、

心が荒んでいることにも気づけないし、

適切なケアも受けられないまま、

ストレスが溜まったままの状態で社会にでるので、

挫折や責任などの重圧には長くは耐えられないですよね。



また、心が荒むと、上辺だけの優しさでも縋りたくなったり、

どうなってもいいと自棄になってしまったりして、

事件に巻き込まれてしまうかもしれません。



子どもの安全を守るには、まず家庭が安心の場であることです。

これは、親がそうしているつもり、そう思っている、ではなく、

実際に子どもがどう感じているか、です。



それでなければ暴力から身を守るため、

命を守るために最も必要な感覚、

危険を察知する能力が育たないんですよね。



by ひまわり
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。