メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームにはないもの。

脳科学者の茂木健一郎さんが

「子育て」の話の中で、

ゲームのことをお話されていたのですが、

「ゲームにはないもの」があるんだそうです。

それは、


『メタ認知』


自分を客観的に見て認知することなんだそうですが、

ゲームをしていると自分を客観的に見れなくなるので、

工夫をして学習することができないのだそうです。



例えば、

自分も含めて「鬼ごっこ」をしていたとします。


鬼になってばかりの子が怒ってしまって

「もうやめる!」と言い出しました。


友達の行動を客観的に見ることができるので、

「鬼になってばかりだからと言って、

怒ってやめるのはどうなのか?」ということが、

子どもでも学習できます。


自分が同じ立場になったとき、

そのことを思い出すかもしれないですよね。

おもしろくないから やめたくなる気持ちはわかるけど、

感情のままに動いてもいいのかどうか‥



自分を客観的に見ることができると、

他者を尊重することもできるようになるようです。


今の子どもたちにはこういうことが足りなくて、

すぐに「キレる」などと言われる行動を起こしてしまうのだと思います。


右脳で感じたまま行動するのではなくて、

どうしたらいいかを左脳で考えるということですね。


自分の考え方や行動を

客観的に把握して認知しておくことは大切なことのようです。



確かに「ゲーム」には

そこの部分は求められないかもしれません。



子どもが 何もわからずに

危険なことをして遊んでいるときは、

周りの人が

「こうなることもあるから危ないよ。」という声かけは、

メタ認知能力を高めるためにはいいそうです。


子どもが自分自身で体験して 認知していくこともあれば、

何がわからないかも わかっていないこともあるので、

「うるさいむかっ」と言われてもいいから、

言ってあげる方が良いかもしれませんね合格
スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。