メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち負けでなく、引き分けること

人とのコミュニケーションにおいて、

“ 勝ち負け ”という位置付けしか持たないでいると、

相手を従わせるか、自分が従うか、という

安心や信頼のない関係になってしまうそうです。

私がとても共感し影響を受けたCAP

アメリカから日本に紹介された森田ゆりさんのHP

とても大切なことをわかりやすく書かれていますので、

ぜひここで紹介したいと思いました。

エンパワメント・センターHPより

タンポポ・キャンペーン
 ~ひきわけよう、あきらめない、つながろう~
   森田ゆり 2003.5
から転載

---------------------------------------------------
(前略)

インターネットを通じて世界中に広がった米国の13歳の少女、


シャルロット・アルデブロンのスピーチにこんな箇所があります。


「わたしは、人とけんかをしたときは、


たたいたり悪口を言ったりするんじゃなくて、


自分がどう思うのかを伝えなさいと教えられました。


(中略)


わたしはどう感じるかを伝えたいと思います。」



(中略)


もめごとや対立がおきると多くの人は、勝とうとします。


家庭内の対立においてもそうです。


対立の場面で人は感情的になるので、いっそう躍起になって、


相手を非難し自分の正しさを主張し、勝とうとします。


言い争いのけんかでは、最後の言葉を決めたほうが、


なんだか勝ったような気分になります。


口げんかでは勝てないとき、


もめごとを暴力をもって解決してもいいんだと学んでいる人は、


暴力という手っ取り早い方法を用いて勝とうとします。


暴力とはさまざまな力を用いて


相手をコントロールしようとすることです。


その結果、暴力は人の心と体を深く傷つけます。


わたしは、子どもとの関係で悩む親や、


妻を殴ってしまう夫に


「勝とうとしないで、負けもしないで、引き分けよう」


と伝えています。


引き分けようと考えて、子どもやつれあいとの対立に対処する


努力をしてみてください。気づくことがたくさんあるはずです。


勝つことよりも引き分けることのほうがずっと


高度の知恵とスキルと精神力の強さと勇気を必要とします。


       ~以下略


※「月刊ヒューマンライツ」(部落解放人権研究所発行)6月号より転載

-----------------------------------------------------


非常に共感します。

勝つことを教えられた人にはひきわけるのって難しいです。

親がこの勝ち負けの姿勢に気づかずにいると、

子どもにも連鎖していきます。

私もそうでした。気づけてよかったです。

子どもがそれでたいへんな重荷を背負わないように

あきらめず、引き分けるコミュニケーション方法を

身に付けていきたいですね。

そんな保護者が増えていけば、

いじめも減っていくと思います。

親が変わらないと、子どもは変わらないですよね。


byひまわり


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。