メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怒って下さい」と言えない理由。

昨日の記事に

「怒って下さいね」とお願いする母親。

というのを書きました。


でも、「怒ってくださいね」とお願いする親は多いと思います。


いろんな考えがあるので、

では、どうお願いしたら適切なのか?

もう少し具体的なことを書いてみます。


大切なのは、

「子どもがどんな気持ちになるか」ということだと思います。




記事の内容は、

子どもを通じて、先生と親のお話でした。


学校や習いごと先でトラブルが起きるといえば、


◎先生に迷惑になるようなことをする

◎子ども同士のけんか 
  (叩いた叩かれた、えんぴつをとられた!‥などです)


が考えられると思います。



子どもがそのようなことをするときは、

必ず理由があったり、

無意識にそうしてしまう場合があるようです。



こんな子どもの気持ちを受け止めて、

“適切な声かけ”をしてくれるかどうかです。




頭ごなしに怒ったり、

大きな声で怒ったり、

とにかく「やめなさい!」と命令したり、


このような声のかけ方では、

子どもの気持ちが傷つきますよね。


先生が感情で怒ることもあるだろうし、

どんな叱り方をされるかわからないので


子どもの方には、

「何かわからないことがあったら先生に聞こうね。」とか、

「何か困ったことがあれば先生に伝えようね。」と伝えておくといいでしょう。


先生には、

子どもが傷つかないようにするために、

「先生が何か困ることがあったら言って下さいね。」と

話しておくといいと思っています。

「私は先生を責めたりはしないので安心して下さいね」という意味です。

このように対応しておくと、

子どもへの対応は気をつけて下さいますからね。




「叱る」ことをした場合、

大きな声でキツく叱らなくても、

説明して伝えようとするだけで、

大人側の気持ちは、充分子どもには伝わります。


つい大きな声で叱ってしまうときは、

お友達にケガをさせてしまいそうになったときや

命に関わるような場面に遭遇したときではないかと思うのですが、


こんなときは、大きな声を出そうと思わなくても出てしまいますよね。


それで子どもがピックリしていたなら、

落ち着いたときに、

「さっきは大きな声を出してしまってごめんね。ビックリしたよね。」

と、子どもに声をかけておくと子どもは安心します。



※叱ると怒るの違いは、
コチラに詳しく書かれていますのでご参考にして下さい。

怒る と 叱る の違い「PEACE OF MIND」HPより




また、先生と親ではなく、

相手が、お友達の親だった場合、


最近のママさんは

自分の子どもは叱るけど、

人の子どもには何も言わないというお話をお聞きしました。


人の子どもを叱ったら、

あとでその親に何て言われるかわからないと思ったり、

自分を守ろうとするのでしょうね。


または「適切な声のかけ方がわからない」という方が

多いのではないかと思います。



もし、自分の子どもがお友達にケガをさせてしまったり、

ケガをさせられることは避けたいので、


お友達のお母さんには、

「けんかになるようなことがあったら

ケガをさせたらいけないので“止めて下さいね。”」と、

お伝えしておくのがいいそうです。


自分の子どもが傷つけられるのは

子どもも、私も困るので

そんな言い方を選んでいます。


‘叱る基準’が親によって違うので、

「ケガや、命に関わるようなことがあった場合」と

言っておいた方がいいかもしれませんね。


先にお話した先生との場合にも、同じように、

「止めて下さいね。」と伝えておくのが

適切だと思います。


私の個人的な考えだけでなく

専門家の方から教わりました。

そして、子どもが傷つかずに育ちましたので、

私はこの方法がよかったと思っています。



by たんぽぽ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。