メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの様子に敏感であるためには

”目的って大事♪”で書いたように、

親子の信頼関係が築けているかについては、

子どもによっては

親に合わせているだけかもしれませんし、

親の前で親の望む子どもを演じているかもしれないし、

また、

子ども自身、そのことに気づいていない、

ということもあるようですね。
親が、いい関係を築けている、と思っているように、

子どもも、自分が抑圧されていることに気づいていないということです。



というのも、意識化されていなくても、

日々の親との関わりの中で、

「自分のままではだめなんだ」と感じて

親の前で親の望むようにふるまっていると、

それが「本来の自分」であると思い違いをしてしまうんですよね。

自己否定もそのひとつ、”思い違い”です。



小さな子どもには生活力がないので、

親に見捨てられたら生きていけないですもんね。

なので、親の望むように、親に合わせるのも、

子どもの生き残ろうとする力、生きる力なのですが、

そのエネルギーは、子どもにとって、もっともっと

有意義なこと、能力を伸ばすようなことに使いたいものです。




とにかく、そうやって演じていると、

”本来の自分”はずっと無視されていることになるので、

そりゃあ、怒りますよね。怒りが溜まっていきます。



なので、その元々の原因に

直接関連していないようなことでも、

無視された、尊重されなかった怒りが刺激された時、

ぶわーっと怒りが一気に溢れ出すんですね。

抑えつける圧力が大きいので、

溢れ出すエネルギーもハンパじゃない、という・・������

キレるってことですね。

子どもに対して感情的に”怒って”しまうのも、

そういうことなんだそうですね。




さて、本題に戻って・・

子どもの様子に敏感であるためには、

日頃から何より"自分の気持ち"に敏感であることだと思います�j�R�j�R�B�@����




嬉しい、楽しい、心地いい、だけでなく、

悔しい、惨め、情けない、腹が立つ、

どんな気持ちも自分の大切な気持ちだし、

自分にとって、今、何が必要なのか教えてくれているので、

否定や無視をしなくていいんだよ、

バツをつけなくていいんだよ、

気持ちの裏側のメッセージに耳を傾けてあげようね�ӂ�[�<div class=
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。