メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みや恐怖を与えて叱らない。

子どもの頭を平気で叩いている大人を見ました。


私にとって、その行為は、

人を刃物で傷つけているのと同じ行為だなと思いました。



そういう場面に遭遇すると、

私も傷つきます。

とても傷ついてしまいます。


子どもでも大人でも、

「痛みや恐怖を与えて叱ってはいけないこと」

全ての大人が知って欲しいと思っています。


子どものためにマナーを身につけさせるため だとか、

口のききかたが悪い。 

大人の言うことを聞かない。

大人がして欲しくないことをした。 



など、

大人が思うようにいかなかったことで

感情が爆発して叩いてしまいます。


これは暴力であることを知って欲しいです。


また、子どもは、

大人の言う通りに動く生き物ではないことも知って欲しいです。



可愛い顔をしていても、

可愛いしぐさをしていても

子どもの心の中はギザギザに傷が入っていることでしょう。



痛みや恐怖感を与えることは「体罰」です。


体罰をなぜしてはいけないかという理由は、


しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじしつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ
(2003/04)
森田 ゆり

商品詳細を見る


森田ゆりさんのこちらの著書に、

体罰の6つの問題点が わかりやすく表現されています。


◆体罰は それをしている大人の感情のはけ口であることが多い。

◆体罰は 恐怖感を与えることで子どもの言動をコントロールする方法である。

◆体罰は 即効性があるので、他のしつけの方法がわからなくなる。

◆体罰は しばしばエスカレートする。

◆体罰は それを見ているほかの子どもに深い心理的ダメージを与える。

◆体罰は ときに、取り返しのつかない事故を引き起こす。




なぜ、体罰をしてしまうのか?


それは、人として尊重されなかった痛みや悲しみが、

力の弱いものに対して、

怒りが爆発してしまうのだそうです。



↑このように言われても

「記憶にない」と思われるかもしれない。

「いやそんなことはない!子どもが悪いからだ」 

と、思うかもしれないのですが、


それは、

思い出したくない気持ちであったり、

「傷つきたくない」と自分を守るための気持ちが強かったり、

自分の親がしていたことを正当化するため 

だったりすることがあるそうです。



大人は、

人として尊重されなかった痛みや悲しみい気持ちを

癒していく作業が必要なんですよね。


子どもには、

「暴力をふるってはいけないこと」を

教えていけるようになりたいですね。

スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。