メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな親にはなりたくない

私が"こんな親にはなりたくない"と思うのは、

「自分の欲求のために子どもを利用する親」です。



子どもは、

親に"教えられたことを身につけていく"のではなく、

親の普段の姿をみて取り入れ、

自然に同じようになっていくそうです。



子どもが、自分の満足のために

他人を利用するような人間になったら、

子ども自身も苦しいですし、

心ある人は離れていき、同じような人が集まる、

とても寂しい人生になってしまうと思います。



具体的に挙げてみると、

「自分の欲求のために子どもを利用する親」は、

子どもを産むのも育てるのも、

「自分の存在理由を確認するため」なんだそうです。

幼い子どもは、

「こんな私でも必要としてくれる」わけですね。

誰かに必要とされたい、という欲求を

ひととき叶えてくれるように思うんですね。



・・しかし実際はもちろん、

そんなことで満たされることはありません。

空虚さを埋めることができるのは、

"誰かではなく、自分自身だけ"です。



子どもがいて、家族に囲まれていれば幸せかというと、

そんなことはないですよね。

家族も、安全基地という機能を果たしていてこそです。

傷つき、抑圧を受け、

うつろな内面を抱えた寂しい人たちが、

寂しさを紛らわすために一緒にいる、

というような機能不全の共依存関係なら、

安全基地にはなり得ないだけでなく、

子どもの成長を妨げてしまうかもしれません。




子どももそのうちにそんな欺瞞に気づきます。

そして傷ついていくのです。

「本当に私のことを思ってくれているのじゃない」と。

あるいは気づかずに、または気づきたくなくて

良い子を演じているかも知れません。

それでも、傷ついているのは同じです。



そのような親は、常に自分の存在不安があるので、

それを埋めてくれる存在として、子どもが必要なんですね。

・・それでは埋まらないんですけどね。

愛情飢餓は、適切な方法でないと、満たされません。

親も、そのような親の姿を学習したのかもしれません。

でも、大人になれば、そうならないように、

と生き方を選ぶことは、できるのです。



他者を信頼し、尊重し、繋がるのでなく、

他者を信じられず、利用することが人間関係なのだと

刷り込まれていく、と思うと本当に恐ろしいと思います。

そんな追い込まれた状況は、いつまでも続かないと思うから。

自分がしたことは、いつか必ず自分に返ってくるから。



私は、そうはなりたくないし、

でも何もしなければそうなっていたかもしれないので、

いろいろと、時には必死に、時には休みながら、

頑張ってきてよかったな、と思います。

そして改めて、これからも自分に向き合い、

ますます自分の内側に近づいていきたいです�ӂ�[�<div class=
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。