メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い聞かせようとするのは逆効果。

買い物などで、

親子で出かけたとき、

子どもが ず~っと機嫌が良いわけではなく、

子どもがやりたいことができないことがあるので、

だんだんぐずり出し、

大泣きになることがよくあります。
あまりに泣いていると、

周囲の人はその親子に注目してしまいます。



こんなとき、必ず、

お母さんは子どもに言い聞かせています。


「~してからって言ったでしょ。約束守れないの!」とか、


「だからママの言うとおりにしておけばよかったのよ。わかった!?」


「~しなさい。わかった?!」


と、子どもが何か言いかけているのにも関わらず、

お母さんは、自分の言い分や正論のようなことを

マシンガンのように話し続けます。



こんなとき、いろんなことが頭をよぎって、

「子どもの話を聴いてあげる」という大事なことが、

実践できないでいるようです。


「親がわるいと思われたくない」とか、

「子どものしつけができてない」とか、

「こんな大勢の前で恥ずかしい。」とか、

いろんなことを考えてしまいますよね。



よく「わかった?!」と、子どもに返事を求めているのですが、

あれは「わかって!」ですよね。

「わかって下さい。お願いします。泣き止んで下さい。」と通訳できそうです。



・・・で、どうなるかというと、

子どもの方が 

お母さんのマシンガントークを聴いてあげているので、

泣いているので だんだん疲れてくるし、


「わかった?」



「うん。」と、


自分の気持ちを伝えずに、あきらめて、

「うん」と親の言うことを聴いてあげているんですよね。


子どもは、自分の気持ちを上手に話せないので、

どこからどんなふうに話していいのかわかりません。



なので、自分の気持ちを伝えれる大人に育てるためには、

まず、子どもの気持ちを引き出してあげることです。


子どもの言い分を

 ゆっくりと聴いてあげることが大切なんですよね。



チャンスは毎日のようにやってくるので、

練習しているとできるようになってきます。


スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。