メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼い親と幼い子ども。

新聞やニュースでも見ましたが、

大学の入学式に、

親が子どもよりハリキッていたり、

大学生になる子どもの写真を撮りまくったり、

気持ちはわかるのですが、

親が「大人」になりきれていないように思います。


そして、
子どもも嫌がらない。


どこかの新聞のコメントには、

「大学4年間で、

 親は子離れ。

 子は親離れできるといいですね。」と書かれていました。


経済的、社会的な自立をしている人でも、

今は、精神的な自立ができていない大人は多いですよね。



今、国連では、8歳までを「乳幼児期」としているそうですが、

大人が自立できてないのに、

子どもの心の発達も遅れてしまうのも当然ですよね。



遊びでも、勝ち負けのあることで、

「子どもには勝ちたい!」と思う大人は

要注意するといいのだそうです。


何らかの問題で、

取り戻していない安心や自信、

自由に自己決定できない自分がいるかもしれません。


大人でも子どもでも、心の発達ができていると、

人間関係もうまくやっていけたり、

困ったことができても、

常に肯定的に考え、

乗り越える方法を身につけれるようになってきます。


そして、同時に自分を育てていることになるので、

やりたいと思うことはできるし、

やりたくないことは、

やらなくてもいいようにもっていけるので、

「生きてるだけで楽しい」と思えるようになるようです。


そっちの方がいいですよね。

スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。