メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついカッとなってしまう理由。

子どもを育てている日常で、

子どもの行動や言動で、

ついカッとなってしまって、

傷つけるようなことを言ってしまったり、

叩いてしまうこともあります。

その、ついカッとなってしまうのは、

本能で自分を守ろうとして、

反応してしまうようです。


本能的に身の危険を感じることは、

とても大切なことなのですが、

感情のまま行動に移してしまうと 

人を傷つけてしまうことになります。


そんなことのないように、

人間は考えて行動する脳の一部分が働いてくれるのですが、


なぜ、大人になっても「本能」が優先してしまって、

あとで「あんなことしなければよかった‥」と後悔することになるのか?


それは、

出番がなかった本能が爆発するかのように溢れ出てくるのが原因のようです。


幼少の頃から、

イヤなことをイヤだと言えなかったり、

自分はしたくないことなのに 

させられることが多すぎると、

「イヤだ」「やりたくない」という本能的な感情が抑えられて、

出てこれなくなってしまっているので

大人になっても出てこようとするようです。


例えば、

水道の蛇口は開いているのに、

水が出てくるところを抑えられてしまっているのと同じ状態ですね。



「本能」と「理性」のバランスを

うまくとることが必要です。



私がこういう話を知ったときに

「あ~、なるほど。」と思いました。


というのは、

私はカッなることがあまりないように思ったからです。


子どもが自由にやりたいことをしていても、

カッとはならないで、

逆に、「楽しそうやな~」と思ってしまいます。


そう思えるのは、

私も自由にやりたいことをしていたからなんですよね。


もし、していなかったら、

うらやましくて、

腹が立ってくるのだと思います。



ついカッとなって行動に移してしまわないように、

できることはあります。


誰かに自分の感情を受け止めてもらったり、

自分でも受け止めることもできます。


また、

自分を表現できることをするのもいいですよね。

歌を唄う、楽器を弾く 絵を描く、詩を書く、など

自分の好きなことをするといいです。


水道の蛇口をおもいっきり開いて、

出せるところで、気持ちよく水を流してあげることをしてあげて、

「自分の大切だった気持ち」を取り戻してみる。


これを充分にして

バランスがとれるようになると、

「理性」で行動できるようになるので

必ず、変化があります。


by たんぽぽ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。