メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもはなぜ反抗するのか?

「イヤイヤ期」だとか「反抗期」というけれど、

子どもっていつでも反抗期?かと思ってしまうほどです。



「イヤイヤ」と言ったり「反抗する」ということは、

よく考えてみると、

『自分の気持ちを表現している』ということなので、

本当はとってもいいことなんですよね



でも、親がして欲しいことと

子どもがしたいことが違うから

子どもは「イヤイヤ」と言います。


とはいっても、

親の言うことを子どもが聞かないといけないわけではないので

反抗しても当然なんですよね。


イヤイヤと反抗するということを

子どもの視点から考えてみると、


「わたしの思ってることを聞いてちょうだ~い」

「ぼくのして欲しいことをして欲しいよ~」


ということです。


何もわるいことは言ってないし、してませんよね。


私たち親も子どもの頃に

イヤイヤと言うと怒られたり、

「わるいことばかりして!」と厳しく叱られたりしたことは、

本当は何もわるいことはしていなかったんです。


何度も何度も言われるから、

「自分はわるい子なんだ」「ダメな子なんだ」と

刷り込まれてきてしまったのです。


世代が変わって、

自分の子どもも同じように

「わるいことしないで!」と叱ってしまうことになったということです。



わるいことはしてなかったのです。

それでよかったんです


なので、子どもが反抗すると思われることは、

発達、成長するためには必要なことで、

欲求を満たそうとしています。


「欲求を満たす」という「心の栄養」が不十分だと、

成長できなくなってしまうので、

ご飯を食べるのと同じことなんですよね


「イヤイヤ」と言ってきたときは、

「おなかへったから食べ物ちょうだ~い♪」と言ってるんだと

思えると、「ダメ~!」とは・・・言えないですよね。



気持ちは見えないので、

とっさの判断が難しいのですが、

「子ども心の声」はそういうことなのかと理解するだけでも

大人の気持ちも変わってくるかもしれません。


自分の子どもが将来、どんな大人になって欲しいかを考えたときに、

イライラ、ガミカミしている大人になって欲しいとは思わないと思います。


「子どもの心の声」を『自分の心の声』と同じように

聴いてあげることができるといいですよね



by たんぽぽ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。