メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己肯定感を取り戻す

いけないとわかってはいるけど、

ついついキツイ口調になってしまう。

気づいたら我慢できずに怒鳴っている、

あるいは叩いてしまう。

そういうケースも多いのではないかと思います。


でも、このままでは良くないと思っていて。


例えば

子どもの寝顔を見ていて、

ごめんねって思ったり、

私はダメな母親だ、と思っているなら

自分次第で変われると思います。

そういう罪悪感のような感情が

起こらない人もいるのですから。


私の経験からそんな場合は、

子どもの感情や

待ったなしの自己主張を受けとめよう、

気持ちを聴いてあげよう、

イライラせずに、冷静に、

というような意思だけでは

実際に行動に移すのは難しいと思います。

我慢や忍耐の日々になってしまいます。

無理や頑張りすぎは禁物です。



余計にストレスが溜まって

結局爆発してしまう、

という悪循環に陥ることもあります。



子どもの頃、親にあまり褒められたことがない。

○○しなさい、ダメです、我慢しなさい、

などの言葉をよく言われた、

怒られることが多かった、など。

挙げたらキリがないですが、

そんな人はまず、

“ 自己肯定感を高める ”

必要があるそうです。

上記のような親の関わりは、

支配や否定、比較なので、

そうした抑圧を受け続けていると、

自己否定感が強くなります。



私はダメ、

どうせダメ、

何をやってもうまくいかない、

自信がない、

焦りや苛立ちを感じることが多い、

などなど。



そうした自己否定に陥るしくみ、

そして自己肯定感を高めるには

どのように考え、行動すればいいのか、

ということの基本が、

下記の本に書かれています。

私はこの本で、

思考回路が変わるきっかけを得て、

見えてくるものがまるで変わりました。

しつけに必要なのはまず、

自身の自己肯定感を高めること、

だと思います。



同時に、

抑圧された感情を吐き出す作業も必要です。

例えば、

心にある、ストレスを溜める容器が

10メモリあるとします。

子どものころに抑圧を受け続けると、

もう容器に8~9割溜まっていて、

溢れそうになります。

つまりストレスに対する耐性が

弱い状態なんですよね。

受け皿がほとんど残ってないんですから。

その状態で、子どもの

エネルギー溢れる自己主張を

受け止めるなんて、

いきなりハードルが高すぎます。

なので、

溢れそうな、抑圧されたままの感情を

吐き出し、容器に残ったストレスを

減らしていくために、

信頼できる、安心できる人に

話を聴いてもらう。

愚痴りあいで余計なストレスを

溜めないようにするために、

専門家の力を借りる。

保健士さんや母子相談員さん、

もちろん、カウンセラーさんも。



一人で頑張ろうとしないことは

大切だと思います。

この本は安心・自信・自由、

自己肯定感を取り戻すために

とても役立ちました。

エンパワメントと人権
こころの力のみなもとへ / 森田 ゆり



スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。