メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人を信頼できなくなる前に

私は、学校教育などで使用される

"指導する"という言葉がとてもイヤなんです。

この言葉を使う人に、"矯正"や

"抑えつけて思い通りにする"

というような意図を感じるからです。



自分の中の思い込みや刷り込みを解体し、
脱学習していくと、こんなふうに、

"昔は特にそう思わなかったけれど、

今ではとても違和感を感じる"ような言葉が

たくさんあることに気づきます。



学校などで問題が起こった時、

"誰がやったか"の犯人探しをして、

被害を受けた相手に謝らせて、終わり。

そのような形式的な処理ケースは多く、

それが問題解決と思っている大人が多いように思うのですが、

問題を起こす子どもの、"根本的な問題は解決していない"ので、

また別の形で問題を起こしてSOSしていくだけのことなんですよね。



傷ができた箇所に適切な処置、手当てをせずに

そのままバンドエイドを貼付けて見えなくしただけ、

のようなものなので、傷自体は膿んで、

大きくなってしまうのと同じです。



傷口が、適切な処置で序所に痛みが消え、

皮膚が再生するなど自然に治癒していくように、

心の傷も、適切な対処、サポートを受けて

治癒・再生していく、そのような能力があるのです。



そうした心の自然治癒力を引き出すための

サポート方法や、自然治癒力の存在そのものを

知らない、あるいは信じられない大人が

問題を大きくしているように私は思っています。



問題を起こす子どもと同じような問題を、

そうした大人も抱えているということなのだ、

と思っています。



自分が傷だらけでは、他者の傷を癒す

お手伝いはできないんですよね。

それを無理にやろうとして、かえってジャマしてた、

ようなこともあるんですよね。

犯人探しはその典型と言えるんじゃないでしょうか。



犯人探しは、子どもを傷つけます。

解決どころか問題を大きくするための方法と言っていいと思います。

子どもは、ますます、大人を信頼できなくなる。

不信感は人の希望を奪い、投げやりにさせます。

ほんとに、このやり方は絶滅してほしいです。



以前紹介した、森田ゆりさん家族えん会議は適切な方法のひとつです。

これは、私も研修を受けたのですが、

問題を起こすほど荒れた子どもの心が

再生に向かう効果的な支援方法だと感じました。

「あぁ、これを中学生の時、やってもらっていたら、

どんなに救われたことだろう」と心の底から思いました。


森田ゆりさんのエンパワメントセンターでは、

日本での家族えん会議の実践ケースを積み上げるために、

ボランティアでのお手伝いを始められているそうです。

これが日本で広まればどんなに子どもたちが救われるかと思います。

いじめ問題も減っていくでしょう。

心から、広まっていく事を願っています。



研修を受けた際、家族えん会議について書いた記事

その他の方法構成的グループエンカウンターについての記事
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。