メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの個性を伸ばす

人それぞれ、その人特有の“ 個性 ”があります。

子どもの持つ個性を存分に伸ばしてあげたいですよね。


そのために親はどうすればいいか?

ということなのですが、

子どもが小さいうちは個性を伸ばす、

という作業もなんだかまだ実体が掴み難いと思います。

しかし、実は小さいころからの保護者をはじめとする

周囲との関わりがとても重要な意味合いを持つそうです。



例えば、

義務教育を終えて、進路を決めるという時に

「自分が本当にしたいことって何だろう?」

と“ やりたいことがわからず ”に

特に目的もないけれどまだ働きたくないし、

とりあえず進学、や、何もせずブラブラ・・

そんな自暴自棄な状態は本人も充実感や

喜びを感じることが出来難く、辛いです。


そんな思いをさせないようにするためには、

苦手と得意をハッキリさせて、

「無理やり苦手を克服させようとしない」

ことだと思います。



「どれも平均」

「みんなと同じ」

「世間一般でいう普通」に持っていくために、

「苦手」で、それ故に「嫌い/やりたくない」ことを

「そんなことでどうするの?!どれもできるようにならないと!」

と押し付けると、

「勉強=苦痛な時間」とインプットされますよね。



勉強に限らず。イヤなことを無理に「させられる」のは苦痛です。

「不快」は脳に強烈に残ります。

良かったことより、イヤだったことの方がよく憶えてるそうです。



「苦手を克服する」ためのエネルギーは

「得意を伸ばす」方に使ったほうがずっといいと思います。

好きなことは、進みます。自然に集中できます。



自分からやりたくなるし、楽しいし、

究めれば究めるほど面白くなっていきます。



進む目標が決まっていたら、そのために

例えば将来を見据えた行きたい学校などに進むための

勉強もはかどるだろうし、

合格することが目標ではなく、

受かったからここでこれを学びたい!になります。



いろんな分野で世界的に有名な方々も、

「得意・好き」を伸ばした結果なんでしょうね。



その「得意」は「親が決めたこと」ではないと思います。

しかし普段から「押し付け」がクセになっていると、

自分と子どもの境界が引けなくなります。



子どもの気持ちも受け止められないので、

「子どもがやりたい」ことなのか、

「自分が、やらせなければ・やらせたい」

と思っていることなのか

その事すら認識できていない、

という状態になると思います。



子ども自身も、

苦手と得意の境界が曖昧になってくるんですね。

小さいころから、自分の気持ちより先に

「あれしなさい、これしなさい、

  できるようになりなさい」

と指示ばかりされていると、

基本的に自分の気持ちで動いていないので、

「これをするのが好き」という

“ 気持ち ”がわからなくなると思います。



親が心配しすぎて苦手ばかりが気になって

「○○ちゃんは何々ができるようになった」

「うちの子もできるようにならないと」と

焦りすぎ、期待しすぎ、詰め込みすぎ、

にいつの間にか嵌ってるケースも多いそうです。



子どもが、

「親や教師にこうするように言われたから、

  やらないと怒られるから~しなければ」

という発想にならないようにしたいですね。



苦手があるから得意があるんですよね。

どちらもあっていいんですよね。



      byひまわり



スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。