メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会を反映している

"人の痛みがわかるように"とか

"人の命を大切に"というような言葉、

教育現場でもよく耳にします。



しかしそれは、

自分の痛みに共感してもらったり、

自分の命(=存在)を大切にしてもらう、

という経験があって初めて出来る事です。
人の命を大切に、なんて、お題目のように唱えて

伝わるようなものじゃないんです。



なので、まず"自分を大切にする"

ということをこそ伝えて欲しいと思うのですが、

事件が起きるたびに、教育現場の責任者が

"人の~、人の~、"と同じことを繰り返すのを見ていると、

記者会見用のマニュアルでもあるの?!と言いたくなります。

きっと、そのこと(自分を大事にすることが大切)を知らない、

そんな経験がないのかもしれない、と思っていましたが、

あまりに効果のないことを何度も繰り返すように思うので、

もしかしてそれだけじゃなくて、

「"自分を大切に"なんて言うと、

自分のことしか考えない、自己中心的な人間になってしまう」

とか本気で思ってるのかもしれない、と思ってきました。



感情を抑圧し、自分で考えることをやめ、

人に合せて生きる、人の指示がないと動けない、

というような生き方に慣れてしまうと、

白か黒か、というような狭い選択肢しかない、

という思考回路になっていってしまうんですよね。

気づかないうちに。



何よりそれは、自分自身の可能性や生きる力に

蓋をして生きるということなので、

人のそれにも考えが及ばないのだろうと思います。



子どもに言ってはいけない言葉や、

してはいけない関わりというものがありますが、

それを"しつけである""親として当然の態度"と

本気で思っている人も少なくないんですよね。



改善していないにも関わらず、

直面したくないばかりに、対岸の火事として思考停止し、

同じ事を繰り返すのは本当にもうやめて欲しいです。

いつまで犠牲者を出し続けるのか。



暴力を暴力と認識する、暴力にはNOと言う、

そして何より、自分を大切にしている、

そのような大人の姿を日常で目にする事が出来れば、

子どもも自然に、命を大切にすることができるでしょう。

子どもが起こす事件は、社会を反映しているんだと思います。



スポンサーサイト

テーマ: 気になるニュース
ジャンル: ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。