メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い訳が言いたくなるのですよ。

一般的に言われている「子どもを甘やかす」ということや、

「ここまでするのは過保護だ」と思っている「過保護」。



「子どもを甘やかせる人がどれほどいるだろうか」と思うくらい、

子どもの言うことをなんでもかんでも聞けるわけがないと

私は思っています。

上に書いた「過保護」も同じで、

「ここまでしたら過保護だ」と思えることは、

ここまでって、どこまで? なんでしょうね。


どこまででもしてあげられるような、

そんなに器の大きな大人は

ほとんどいないんじゃないですかね。





人によって、

「それはして欲しくない」と思うことは違ってきます。


例えば、

「食事のときにテレビを見ながら食べてはいけない」とか、

「こぼさないで食べる」とか、

こういうことがとても気になる人もいれば、

全く気にならない人もいると思います。



これは、何に関係してくるかというと、

自分自身が育った環境、

自分がどうしてもらっていたか、・・とか、

そのときの心や体の健康状態によると思います。



人によって違うから、

できる人もいれば、できない人もいるので、

これくらいはさせてあげてもいいとか、

ダメだとかの問題ではなくて、

それが重要なのではなくて、



大切なのは

「親がどのように子どもに関わるか」です。



関わり方次第で、

子どもが変わるということです。




~二組の親子のパターンで例を出してみます~


もうお風呂に行く時間なのに、

子どもが「まだ遊びたい」と言い出したとします。

「それは困るわ」とどちらのお母さんも思っています。

(心の中)
「エーッ!まだ遊ぼうと思ってるの?!
もうお風呂に入ってもらわないと、片付けもできないし、
寝るのも遅くなるし、朝は起きれないのに、
何を言い出すのか、子どもの気持ちはわからんね~」なんて思っていたりします。


とにかく、もう遊んで欲しくはないのです。


あるお母さんは「ダメ!もうお風呂に行く時間でしょ!」といきなり叱ります。

別のお母さんは「そう、まだ遊びたいのね。」と

一旦は子どもの気持ちを受け止めます。
 
「でも、寝るのも遅くなってしまうから
  今日はもうお風呂に入って欲しいな。」とお母さんの気持ちを伝えます。


きっと、どちらの子どもも泣き叫ぶでしょう。


無理やり行かせるのか、

お母さんの気持ちを聞いた子どもはあきらめてしかたなく行くのか、

それでも遊び続けるのか、


結果はいろいろと出てきますが、

子どもがどんな気持ちになったかで、

親のことをどう思うかも変わってきます。



でも、このような出来事があったときに、

「子どもの言うことばかり聞いていたらわがままな子になる」とか、

「過保護になったらいけないから」と言って

大人の言うことを聞かせるのは、

自分はそうしてきてもらっていないから、子どもにはできなかったり、

大人側が、本当はどうしてあげたら適切なのかがわからないので、

自分を正当化させるための言い訳が

言いたくなるのだと思います。


だって、自分の思うようにいかないと腹が立つし、

疲れるし、困るんですよ。

言うことを聞かせられるものなら

聞いて欲しいと思っているのです。(私もいつも思っています)



子どもの欲求を聞いてあげれる程度が

人によって違うので、

してあげたいけど、今はできないなと感じることがあれば、

「ごめんね」と子どもに謝っておいた方がいいです。


あとで、後悔や反省することがあれば、

これも謝っておいた方がいいですね。



正当化するのが習慣になってしまうと、

子どもも同じようになるので、

大きくなるにつれ、

強く反論してくることになると思います。

手に負えなくなることもあるので、

早いうちから気をつけた方がいいかもしれませんね。



by たんぽぽ

スポンサーサイト

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。