メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛情飢餓の親

頑張って子どもの欲求に応えようとしているつもりでも、

親自身が愛情に飢えている場合、

"本当は私がかまって欲しい"

"優しくされたいのは私の方だ"

"それなのに、我慢して聴いてやっているんだ"

というような裏側の感情(インナーチャイルド)が

表情や態度にあらわれるんですよね。


愛想よくしているつもりでも、目が笑っていない、

言葉とは裏腹に、声のトーンがキツい、

というダブルメッセージになるそうです。



そうすると、子どもは当然、混乱します。

そして本当に欲しいもの=愛情がもらえないので、

泣いたり、ダダこねをしたりして表現します。

そしてまた親は、

"私がこんなにしてやっているのに!!"と

余計に腹が立つ、という悪循環です。

自分の中にもある、子どもの感情が刺激されて、

怒りでどうしようもないくらいになったりします。



自分にないものはあげられないんですよね。

1円も持ってないのに、100円はあげられません。



機能不全家族で育ったならば、

欲しかった愛情を親にもらえなかったならば、

常に愛情を他で補給しながら子どもに接しないと、

物理的に無理、だと思います。



子どもに愛情を求めるような、

親子逆転の状態になったり、

"子どもがわるい"と責任転嫁したり。



子どもって親の感情にビックリするほど敏感です。

ダブルメッセージであることもよくわかっています。



ダブルメッセージを日頃から受けていると、

"お母さんはああ言っているけど、本当はどっちだろう?"

・・って顔色を見るようになるそうです。

要するに、人を信頼する、という力が奪われていくのです。



子どもが小さいころ、私は週に3,4回くらいのペースで

カウンセラーさんに相談していました。

それぐらいしないと、追いつかなかったですね。

可能な限り、気持ちを聴いてもらってましたけど、

それでも足りないくらいでした、当時は。



経験のないことは、当然できません。

子どもに怒りを感じるのは、

自分が SOSであるということで、

誰がわるいのでもないのです。

足りないものを適切な方法で補給する、

それこそが求められているのだと思います。


スポンサーサイト

テーマ: AC(アダルトチルドレン)
ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。