メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジリアンシーが弱っていると

育児や人間関係の困ったことを、

"専門家に話す・相談する"

といっても、そのことによって、

安心感や、自信が得られるようでなければ、

その専門家との相性が合わないことも考えられるので、

話すことの目的(安心・自信・自由を得ること)

達成できるような相手を選び直すこともできます。


しかし、
安心や自信、自由が得られているわけでもない、

状況が少しずつであっても改善しているわけでもない、

それでもただ漫然とその専門家の元へ通う、

そういう人も、少なくなくいるようです。



思うに、

"私は専門家に相談している、
ということだけで満足している"

ということなのかもしれない、と感じます。



私が相談する動機、

"なんとかしてラクになりたい"
"この状況から抜け出したい"
"子どもを巻き込みたくない"

という気持ちとは違い、

"本当は変わりたくない、変わるのが怖い。
だから、自分に向き合って進んでいく、
そういう専門家を無意識に避けている"

というような回避行動のようにも思えます。



"本当は行きたくないけど、行かないと怒られるから"

と仕方なく学校に行く子どもと同じような。

そんなふうに"とりあえず行っている"ので、

内容なんて、どうでもよくなってしまうのかもしれませんね。

目的を果たせていないことにも気づけないのかもしれません。




この違いは、レジリアンシー(心の弾力性)が機能しているかどうか、

ということなのかなぁと思っています。




しかしそのような行動の積み重ねも、

行動したような結果がいずれ出てきますよね。

改善していけば軽くなり、解放され、

していなければ、月日のぶんだけ重く歪んでしまう。



それらすべては、自分自身の気持ちが、

その時々に教えてくれているのですが、

レジリアンシー(心の弾力性)が弱っていると、

受け止めにくい気持ちには

耳を塞ぎたくなってしまうのですよね。



しかしその時こそ、

本来の意味で、生きる力を取り戻す

サポートをしてくれる人の力を借りることで、

一人では難しいことが可能になります。



専門家に話す(放す)・相談する目的を

見失ったり、忘れたり、あきらめかけている、

そんな自分に気づきたいものですね。

いつからでもやり直しは可能ですものね。


スポンサーサイト

テーマ: AC(アダルトチルドレン)
ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。