メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身が伴わない

見捨てられ不安、存在不安の強い親が、

親や夫から得られない愛情を

子どもからもらおうとしていることを、

その親自身は

"子どもを大切にしてる"

"愛情いっぱい育てている"

というように認識しているという

認知の歪みが起こることもあるようです。


この場合の問題も、やはり親子逆転で、

親からもらう愛情を、子どもに求めているので、

そのままでは子どもは愛情飢餓に陥ります。



厳しいしつけや過干渉、体罰、放任のような

どちらかというと傍目にもわかりやすい機能不全状態からすると、

一見子どもを可愛がっている"ように見える"上記のような

愛情飢餓を満たそうとする機能不全状態は、

本人も子どももわかりにくい、認識しにくいのだと思います。



親は"子どものために、愛情を注ごうとして"

甘やかしたり、抱っこしたり、ベタベタしたり、

しているつもりでも、

自分自身の愛情飢餓や見捨てられ不安が

解消されないままなので、

それは本来の"愛情を注ぐ"こととは異質なものになります。

なぜなら、

愛情は、満たされていないと注げないからです。

愛情は、"自分が満たすことを優先"されるのです。

これは物理的にも当たり前のことなんですよね。

ないものはあげられないのですから。



子どもも、被害者であるにも関わらず

"自分(子ども)のことを思ってしてくれたんだ"

と自身の傷つき体験を受け止められず、

理由のわからない存在不安に襲われ、

さまざまなアディクション(依存症)に苦しむ、

というようなこともあるようです。

この場合、子どもはもうすでに

"親は自分(子ども)のことを思ってくれていたのではない"

ということを受け止められないほど疲弊していることもあるようです。

・・壊れそうなんですよね。




自分自身に向き合い、奪われたものを適切に取り戻す、

という"順番"を飛ばして、

"形式だけ"で子どもを大切にする"真似"をしても、

中身が伴わないのですよね。



このような状態は、機能不全家庭で育ち、

習慣化される思考の中で起こる

●承認欲求と愛されたい願望や、

●親密感と距離感の問題

子どもに向かっているのかもしれません。



私が、機能不全家庭で育った場合に

カウンセリングなど、専門家の介入が

必要だと思うのは、このような

"子どもにとってはそうではないのに、

親は「私は子どもを大切にしている」と思っている"

というような悲劇が起こるからです。



機能不全の家庭で育つと、

認知の歪みが起こるし、

"自分を、他者を大切にする"ということとは

真反対の状態で生活してきたわけですから、

そんな大事なことを自分で判断していいのか、

と私は思います。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。